活気あふれる首都 ブエノスアイレスへ

アルゼンチン最大の都市、ブエノスアイレスは、独特の古い街並み、充実したナイトライフ、そして他では見られない建築が息づく場所で、観光名所も豊富です。かつて受けたヨーロッパの影響と南米の香りとが渾然一体となっているこの街は文化的な豊かさで知られており、劇場の密集度は世界一とも言われます。

「南米のパリ」と称されることも多く、憧れの旅行先ランキングに入ることもしばしばです。食の都でもあるため、美食家、ワイン愛好家、また生鮮食品にこだわりのある人たちにも人気があります。

まずは色彩あふれるラ・ボカの通りを散策してから、大統領官邸、カサ・ロサーダを見学。パリージャ(ステーキハウス)でのんびりと宵を過ごし、地元のカフェで夜通しタンゴを踊って一日を締めくくってみてはどうでしょう。

ブエノスアイレス(アルゼンチン)への観光はニュージーランド航空で - ブエノスアイレス(アルゼンチン) カミニートストリート

ブエノスアイレス(アルゼンチン)の見どころ

  • アールデコの霊園、レコレータ墓地を観光するには、早朝がお勧めです。朝7時に開くので早めに出かけて、より静謐な空気感の中、ブエノスアイレスの名士たちが眠るこの地の深い歴史を味わいましょう。
  • 食事は、伝統料理のアサードを心行くまで。アサードとは、炭火で豪快にかたまりの肉を焼くアルゼンチンのBBQで、地元のワインとともにいただくのが通例です。アルゼンチン文化の中心にあって重要な位置を占める、真の美食体験が楽しめます。
  • 旅行通には、カミニートの散歩ツアーも人気です。色とりどりに塗りなおされたラ・ボカの通りからは、古き時代への敬意とタンゴ音楽やダンスへの愛が感じられます。

ブエノスアイレス(アルゼンチン)への観光はニュージーランド航空で - ブエノスアイレス(アルゼンチン)のアサード

ブエノスアイレス(アルゼンチン)への観光はニュージーランド航空で - ブエノスアイレス(アルゼンチン) プエルトマデロ

ブエノスアイレスの現地情報

ブエノスアイレスの空港はエセイサ国際空港(EZE)(正式名称はミニストロ・ピスタリーニ国際空港)。ブエノスアイレスの南西34キロに位置します。

ターミナルAの到着ロビー1階には、24時間営業のインフォメーションデスクがあります。ターミナルBの1階にもインフォメーションデスクがあり、こちらは朝5時半から最終便までの営業となります。

ブエノスアイレスの交通

ブエノスアイレスは碁盤の目状の都市構成となっているため、基本をつかめば移動はとても簡単です。公共交通網も広範で非常に発達しており、タクシーの数はニューヨークの3倍とも言われます。

滞在期間が短く、観光名所を網羅したい場合は、乗り降り自由な観光バスが重宝です。中心部には自転車専用レーンや歩道もあるので、代わりにサイクリングやウォーキングでアウトドアを楽しむのもよいでしょう。

ブエノスアイレスの気候

ブエノスアイレスは温暖で晴天に恵まれており、一年を通じて旅行に好適です。年平均気温は、約18℃です。

海抜はラプラタ川で0メートルとなります。年間降水量は900ミリで、一年を通じて均一に降るため、季節に関わらず簡単な雨への備えが必要です。一番寒くなる7月には、暖かい重ね着をお勧めします。

夏となる1月から2月にかけては、非常に湿度が高くなることがあります。夏季には街を訪れる人も減り、ビジネス施設やエンターテインメント施設などの中には閉鎖されるものもあります。

ブエノスアイレス(アルゼンチン)への航空券、運賃、機材のご案内、フライトスケジュールをもっと詳しく

ブエノスアイレスへの航空券を今すぐ予約