2016年12月から2017年3月までニュージーランドが夏の期間、東京-オークランド線は最大週10便運航します。予定に合わせて、多様なスケジュールを組むことが可能です。

東京・成田から、最大週10便の運航スケジュール

毎日運航のスケジュールに加え、2017年3月25日までは月・木・土曜日発の週3便増便します。夏のニュージーランド旅行がますます便利に。

便名 出発期間
出発時刻 到着時刻 運航日
往路:  出発地・成田  到着地・オークランド
NZ90便 通年 18:30 翌日9:00 毎日
NZ94便 12月1日~
2017年3月25日
14:40 翌日5:10 月・木・土
12月28日, 2017年1月3日 出発日に準ずる
復路:  出発地・オークランド - 到着地・成田
NZ99便 通年 9:55 16:45 毎日
NZ95便 12月1日~
2017年3月25日
1:15 8:05 月・木・土
12月28日 1:15 8:05 出発日に準ずる
2017年1月3日 1:55 8:45

上記は基本的なスケジュールとなります。フライトによりスケジュールが異なる場合があります。詳しくはスケジュール検索またはオンライン予約にて、ご確認ください。

増便のNZ94便、NZ95便、ここが便利!

その1.各都市へのアクセスが便利に

NZ94便ならオークランドへ朝5:10到着のため、他の都市へも早めの移動が可能です。例えば、クイーンズタウンに行く場合、NZ94便から国内線を乗り継いで、午前9時過ぎにはクイーンズタウンに到着。到着日の朝から丸一日、観光を満喫することが出来ます。

その2.帰国日も丸一日遊べる

NZ99便は朝出発して、その日の夕方には日本に着くことが出来ますが、NZ95便ならオークランドの出発が深夜なので、ニュージーランド各地からの当日乗り継ぎも可能です。ウエリントンやクライストチャーチで一日遊び、地元のレストランでディナーを済ませてから、オークランドへ国内線で移動して、そのまま帰国することも可能です。
 旅行帰りはゆったり過ごす派、最後の日まで遊び尽くす派、お好みに合わせて計画が立てられます。

その3.日本各都市からの乗り継ぎも選択が豊富

往路は成田を14:40発、18:30発の2便になるため、国内各地からの到着時間に合わせて、どちらかお選びいただくことが可能です。
復路は、NZ95便は成田に朝8:05到着のため、日本各地の空港まで、同日乗り継ぎが可能となります。(一部、羽田空港で乗り継ぎの場合があります。)

関西空港をご利用のお客様は、関西発 オークランド行きの直行便についてもご覧ください。

ニュージーランドのおすすめ都市

北島の人気都市

南島の人気都市

個人旅行でニュージーランドへ

お好みに合わせてプランを立てたい方には、航空券やホテルを個人で手配する個人旅行がぴったりです。