大人と一緒にご旅行される2歳未満の座席を使用しないお子様は、幼児運賃でご搭乗いただけます。幼児運賃でのご利用の際は、必ず大人の付き添いが必要です。その場合、安全上の理由により、大人1名がお連れいただける幼児は1名のみです。15歳未満のお子様は幼児をお連れいただくことはできません。

大人1名で2名以上の幼児をお連れの場合、幼児1名分は小児運賃(12歳未満のお子様に適用)をお支払いの上、座席を1席確保してください。座席を使用する幼児には、お客様ご自身でチャイルドシートをご用意ください。

チャイルドシートをご使用いただけるのは、チャイルドシートごとの重量制限を超えない4歳までのお子様です。

ご使用いただけるチャイルドシートは、自動車での使用にも対応できる安全システムを備えたものでなければなりません。以下の表をご覧ください。また、チャイルドシートの状態や安全性に問題がないか、サイズが規定内かもご確認ください。

チャイルドシートを使用される代わりに、CARES(英語)という機器を使用することもできます。CARESは、ニュージーランド航空局によってニュージーランド航空便での使用を認可されています。

ご注意: 全席が斜めに配置されたビジネス・プレミアのフルフラットシートでは、シートベルト内にエアバッグを装備しています。そのため、チャイルドシートやCARESは、B747、B777型機に配備されたビジネス・プレミアのフルフラットシートでは、緊急時のエアバッグの動作に支障を来たすため、ご使用いただけません。2歳未満の幼児は、保護者の方の膝の上にお抱きください。その際は、エアバッグの動作に使用を来たさない、幼児用のシートベルトをご用意します。

チャイルドシートのタイプ 最大幅 最大高
後ろ向き 43cm 48cm
前向き 43cm 65cm

お子様の年齢や大きさによって、チャイルドシートは後ろ向きだったり、前向きだったりします。後ろ向きのチャイルドシートは、前の座席のリクライニングに支障がない場合にのみご使用いただけます。

上記の規定サイズは、B747、B777、B767、B737、およびA320型機に適用されます。

また、ご使用いただけるチャイルドシートには、一定の基準を満たしていることを示すこれらのマークがついています。

セーフティーロゴ

お子様の安全のために、ブースタータイプのチャイルドシートは機内ではご使用いただけません。

チャイルドシート

Graphics courtesy of Transportation Safety Training Center, Virginia Commonwealth University.