ワイン・コンサルタント

ニュージーランド航空のワインセレクションは、ワインの専門家によってデザインされています。

ニュージーランド航空では、kai カイ(マオリ語で食事)は食べ物以上のものだと理解しています。 whanau ファナウ(家族や友人)とoranga オランガ(健康や健全さ)が関わる、大切なものです。 食材をどのように仕入れてみなさまに提供しているかに気を配っているのは、kaitiaki カイティアキ(土地の守り神)を尊重しているからです。マオリの伝統的なmanaakitanga マナキタンガ(マオリの伝統的なおもてなしの心)の精神をうけ、お客様と接しております。それはあなたにaroha アロハ(愛)、思いやり、誇りを提供します。

 

ワイン・コンサルタント

機内という特殊な環境で楽しむワインの選定には、特別な配慮が必要です。これは低湿度と高高度によって味覚が影響を受け、ワインのタンニンと渋味がいっそう強く感じられるためです。ニュージーランド航空のワイン審査会は、選定にあたってこうした条件をすべて考慮し、審査員がブラインド・テイスティングを実施してクラスごとに最適なワインを選定しています。

 

Jim Harre, international wine show judge

ジムは長きにわたってワインの醸造を営んできた一家に生まれ、25年以上の審査経験を持つ国際的なワイン評論家でもあります。ジムは彼の妻、ウェンディと共に、ノースカンタベリーでThe Gates Country Lodgeを経営しています。

ニュージーランドのホークスベイにあるイースタン工科大学でワイン造りとブドウ栽培を学んだ後、ジムは、フランス、オーストラリア、ニュージーランドで、ブドウを摘み取り、完成品であるワインを作るプロセスであるヴィンテージに携わり、その後、ロンドンのクリスティーズのファインワイン部門で働いていました。
2000年8月、ニュージーランドで開催されたRomeo Bragatoナショナルカンファレンスで「航空機内におけるワインの感覚的知覚に対する影響について」というレポートを発表しました。

ジムは、ニュージーランド国内のすべての主要なワイン品評会の審査チームの一員であり、またアメリカやオーストラリア、ロンドン、日本、中国においても審査員を務めています。現在、New Zealand Winegrowersの上級審査員、New World Wine CompetitionとVictoria Wine Competitionの審査委員長、prestigious International Wine Challenge in Londonのパネル審査委員長を務めています。

Airline of the Year 2020 by Airlineratings.com

6度目の「エアライン・オブ・ザ・イヤー」を受賞

ニュージーランド航空は、AirlineRatings.comの中でも最高賞に値する「エアライン・オブ・ザ・イヤー2020」を受賞しました。(2014年から6度目の受賞)
さらに、「ベスト・プレミアム・エコノミー」にも毎年選ばれており、ニュージーランド流のサービスが高い評価を受けています。