お子様向けのお食事のタイプ

長距離路線

長距離路線(パース、ヌーメア、パペーテ発着便を含む)では、お子様向けのお食事(2歳以上のお子様向け)か、赤ちゃん用のお食事(6ヶ月以上の赤ちゃん向け)をお選びいただけます。
ご希望の場合は、ニュージーランド航空予約部または旅行会社にて、ご予約時または事前にお知らせください。ニュージーランド航空公式サイトでのご予約では、搭乗者が小児である場合、特別食として自動的にお子様向けのお食事が選択されます。通常の機内食をご希望のお客様は、特別食の入力項目で「通常の機内食」をご選択いただくようご注意ください。
客室乗務員は、お子様のお食事のお世話がお済みになってから、ゆっくりご自身のお食事をお楽しみいただけるよう、可能な限りお子様向けのお食事を大人のお客様より先にお出しするようにしています。

お子様向けメニュー

以下のメニューは一例です。

食事
サンプルメニュー
メインコース(夕食)
鶏もも肉のフライパン焼き クリームマッシュポテト、えんどう、にんじん添え
または
スパゲッティ ミートボール
朝食 チキンソーセージ、スクランブルエッグ、ベークドビーンズ、フルーツサラダ、シリアルとジュース
スナック チョコレートブラウニー、フルーツドリンク、ロールパンとマーガリンなどの中から、ご利用便に応じてご用意

お子様向けに、ご自身でお食事をお持ち込みいただいてもかまいません。ただし、客室乗務員はそれらのお食事の冷蔵保存や、温め、水を加えるなどのお手伝いをすることはできません。哺乳瓶については、ミルクのご用意や温め、瓶の洗浄のお手伝いをいたします。到着国の検疫規定により、持ち込まれたお食事は、機内で全てお召し上がりになるか、廃棄していただく必要があります。ニュージーランド航空の長距離路線(パース、ヌーメア、パペーテ発着便を含む)では、健康上の理由により特別食が必要なお子様への対応もしています。詳しくは、特別食をご覧ください。

また、長距離路線(パース、ヌーメア、パペーテ発着便を含む)では、紙おむつや粉ミルク、瓶詰めの離乳食もご用意しています。ただし、機内のスペースが限られているため、緊急時の対応用として少量のみ搭載しています。

オーストラリア、南太平洋諸国路線 ¹

オーストラリア、南太平洋諸国路線では、ザ・ワークス(日本国内で販売される運賃は、これに相当します)またはワークス・デラックスのサービスをご購入いただいた場合、お子様向けのお食事(2歳以上のお子様向け)をお選びいただけます。
ご希望の場合は、ニュージーランド航空予約部または旅行会社にて、ご予約時または事前にお知らせください。ニュージーランド航空公式サイトでは、搭乗者が小児である場合、特別食として自動的にお子様向けのお食事が選択されます。通常の機内食をご希望のお客様は、特別食の入力項目で「通常の機内食」をご選択いただくようご注意ください。

ヴァージン・オーストラリア航空運航のNZ7000番台のフライトでは、お子様向けのお食事はご用意しておりません。通常の機内食の提供となります。また、ニュージーランド国内線では、お食事のサービスはありません。

赤ちゃんのお食事とお世話

長距離路線

赤ちゃんのために、ご自身でベビーフードなどをお持ち込みいただいてもかまいません。客室乗務員は、ミルクのご用意や温め、瓶の洗浄のお手伝いをいたします。ただし、機内には滅菌処理ができる器機がありませんので、ご注意ください。ご自身でのお持ち込みを希望されない場合は、ご予約時にお知らせいただければ、赤ちゃん用のお食事をご用意いたします。粉ミルクなどは、緊急時の対応用として少量のみ搭載しています。

オーストラリア、南太平洋諸国路線 ¹

赤ちゃんのために、ご自身でベビーフードなどをお持ち込みいただいてもかまいません。客室乗務員は、ミルクのご用意や温め、瓶の洗浄のお手伝いをいたします。ただし、機内には滅菌処理ができる機器がありませんので、ご注意ください。