経験豊富なスタッフが心のこもったおもてなしをご提供いたしますが、機内でより快適にお過ごしいただけるよう、次のご案内をお読みください。

ご出発前に

オンライン予約

空港にて

機内にて

ご出発前に

お客様に最善のサービスをご提供できますよう、事前にニュージーランド航空にお客様の旅程と座席に関するリクエストをお知らせください。ご予約の際には、必要とするサービスの詳細をお知らせください。

ニュージーランド航空では、車椅子に関して以下の3種類の「スペシャル・サービス・リクエスト(SSR)」コードを、お客様の予約記録に入力しております。これらのコードは、お客様がどの程度のサービスを必要としているかを確認するため、すべての航空会社で使用されています。お客様にもっとも適するサービス内容のコードを入力するよう、お申し出ください。

  • WCHR
  • WCHS
  • WCHC

車椅子スペシャル・サービス・リクエスト(SSR)コード詳細

SSR WCHR - 階段を上がることができ座席まで歩くことができる

ご搭乗便のお座席まで歩くことはできるが、空港内で長い距離を歩くのが困難な方。階段の昇降ができる方。

SSR WCHS - 階段を上がることはできないが座席まで歩くことができる

いくらか歩くことはでき、ご搭乗便のお座席まで歩くことはできるが、障害物を越えたり階段の昇降が困難な方。

SSR WCHC

移動に車椅子を必要とされる方。機内のお座席まで、またはお座席から移動するために、機内用車椅子を必要とする方。

他の航空会社の便にお乗継いただくお客様は、その航空会社がどのようなサービスを提供しているか、また、必要とするサービスを受けるためにはどのような情報を事前に知らせる必要があるかをご確認ください。

オンライン予約

オンライン予約の際、上記のオプションをご指定いただけます。上記のオプションを選択された場合、その他の座席指定は全て無効となることをご留意ください。

車椅子用の座席(WCHC)をご利用の場合、座席を前もってご用意いたしますため、ご自身で移動が可能、もしくは器具を使用して移動が可能である場合も、座席をお移りいただくことは出来ません。車椅子用の座席の確保は無料で承っており、空席があれば同行者の方・付き添いの方の座席も隣、または近隣にお座りいただけるようご手配いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

移動に車椅子を必要とされる方で、ホームページ上からオンライン予約をご利用いただく場合は、予約ページ内で車椅子のお客様向けのサービスを、必要なサービスの程度に応じて選択・リクエストすることができます。ご希望に合ったサービスが選択できない場合は、必要なサービスをニュージーランド航空コールセンターまでご連絡ください。

空港にて

搭乗手続き(チェックイン)

少なくとも通常より30分以上前に 搭乗手続き(チェックイン)をしていただきますようお願いいたします。これにより時間にゆとりをもって、お客様のご要望をお伺いすることができます。スタッフが直接お客様のご要望を伺い、どのようなサービスを必要とするかを確認させていただきますので、自動チェックイン機KIOSKによる搭乗手続きは行わないようご注意ください。

移動用リフトや機内用車椅子が必要な場合は、チェックイン担当スタッフにお知らせください。移動用リフトを利用される場合は、ベルトなどの装着時に男性・女性スタッフのどちらによるサポートを希望されるかをお知らせください。

普段お使いの車椅子をお預けいただく際は、代用の車椅子を貸し出しいたします。その際は、航空会社のスタッフが機内のお座席までご案内いたします。ボーディングブリッジが利用できる場合は、航空機の搭乗口までご自分の車椅子がご利用いただけます。

お客様の車椅子は無料にてお預かりし、航空機の貨物室に保管いたします。なお、車椅子にはお名前とご住所を明記した札をおつけください。

また、車椅子の荷造り、再度の組み立てなどのお手伝いが必要な場合、組み立て方法や解体方法の説明書をお持ちいただくと、スムーズなお手伝いが可能となります。

ニュージーランド航空のすべての運航便で、バッテリー式の車椅子をお持ち込みになる場合は次の安全上の規則がございます:

  • 漏れ防止措置を施したバッテリーは、漏電しないよう末端を保護し、車椅子本体または車輪にしっかりと取り付けることが必要です。
  • 漏れ防止措置が施されていないバッテリーは、プラグを抜き、漏電しないよう末端を保護し、車椅子本体と車輪は真っ直ぐ立てて保管します。通常の場合は、バッテリーは車椅子本体から取り外されます。
  • ご搭乗手続きの際に、ご利用の車椅子のバッテリーのタイプをお知らせください。

バッテリー式の車椅子で、完全に折りたたむことができないものなどは、小さい機材で運航する路線ではお預かりできない場合がございます。ご予約の前にニュージーランド航空に確認し、承認をお取りください。

機内までの移動、機内からの移動

ボーディングブリッジが利用できる場合は、航空機の搭乗口までご自分の車椅子がご利用いただけます。チェックインの際に、一般のお客様よりも早い搭乗時間が案内されます。早めにご搭乗いただくことで、機内へのプライベートな移動をサポートすることができ、スタッフがお客様の車椅子を航空機の貨物室へ運ぶために、十分な時間をとることができます。

日本国内では、チェックインカウンターで受託手荷物としてお預かり致します。搭乗までご自身の車椅子のご利用をご希望される場合は、事前に弊社、予約部にご確認ください。

搭乗口では、以下のことが必要となります:

  • ご自身でお座席まで移動していただきます
  • または、付き添いの方と一緒にお座席まで移動していただきます

お客様の車椅子は航空機の貨物室に保管し、ご到着後はほとんどの空港で、搭乗口にてお乗換えいただけます。

到着後は空港のスタッフが、リクエストに応じて空港で用意した車椅子、またはお客様ご自身の車椅子を準備してお迎えいたします。その後、可能な場合は税関検査、入国審査、受託手荷物の受け取りまでお付添いいたします。

機内にて

Skychair

国際線に運航するニュージーランド航空のすべてのボーイング777、747、767、737型機、エアバス320型機には、Skychair (スペースの狭い航空機内での利用を目的として設計された機内用車椅子)を搭載しております。Skychairはご搭乗中のお座席への移動、またお手洗いへの移動の際にご利用いただけます。

ニュージーランド国内線では、スペース上の理由から機内にSkychairを搭載しておりません。ご出発とご到着の空港にて、航空機への乗り降りや機内でのお座席への移動にご利用いただけるSkychairを貸し出しいたします。飛行時間の短い国内線の飛行中は、お座席にお座りのままお過ごしいただきますのでご了承ください。

四肢麻痺のお客様のためのハーネス

ニュージーランド航空ではすべての航空機に、胴体を固定することができるハーネスと留め具を設置しております。ご利用希望の方は、ご予約時にお取扱いの旅行代理店にお問い合わせください。

機内でのサポート

数々の賞を受賞しているニュージーランド航空のサービスをお楽しみください。ニュージーランド航空の客室乗務員が、お客様に快適にお過ごしいただけるよう、心のこもったおもてなしをご提供いたします。車椅子からお座席にご自身で座り替えることが困難なお客様は、お付添いの方を同伴していただく必要がございますが、国際線と国内線でお付添いの方に求められる条件が異なります。

国際線をご利用の場合

普段、移動リフトなどをご利用している方、または二人以上の付添い人を必要とする方は、国際線のご利用時にお付添いの方を同伴していただく必要がございます。お付添いの方は、お客様のお体を持ち上げ移動を手伝うことができ、またその他のお手伝いを行える方に限ります。客室乗務員は可能な範囲内でお手伝いをすることができますが、お食事やお薬、お手洗いなどの個人的なお手伝いはすることができません。

ニュージーランド国内線をご利用の場合

ご自身でのお体の移動が困難な方、または移動をするときに一人以上の付添い人を必要としている方は、ご搭乗時、ご到着時の座席移動の際にお手伝いいただく付添い人を手配していただく必要があります。お付添いの方はお客様と一緒にご旅行いただく必要はありませんが、お客様のお体を持ち上げ移動を手伝うことができる方に限ります。