ニュージーランドの雄大な氷河

ニュージーランドには氷河があるんです。7000年前から続く地球の歴史を肌で体験。まさか氷河があるなんて、、、でもそこがイイ! 雄大な5つの氷河スポットをご紹介
フランツ・ジョセフ氷河1
#でもそこがイイ - フランツジョセフ氷河

ニュージーランドで最も険しい氷河で、サザンアルプスの山頂から緑豊かな熱帯雨林の奥深くまで分布しています。氷河は、早いところで一日平均50cm動き、氷の洞窟やトンネル、セラックやクレバスなどユニークな風景を生んでいます。

経験豊かなガイドツアーでは、徒歩で間近に氷河を体験したり、空から雄大な風景を眺めたりと、さまざまな方法で氷河を体験することができます。

グレイシャーホットプール2
#でもそこがイイ -グレイシャー・ホット・プール

氷河探索が終わった後は、氷河の水が注ぎ込む美しいホットプールでリラックスしてみましょう。フランツジョセフの街にあるこの施設は、緑豊かな熱帯雨林に囲まれており、温度が36〜40℃の露天風呂スタイルのプールやロマンチックなプライベートプールがあります。

オカリト3
#でもそこがイイ - オカリト

フランツジョセフから車ですぐの街、オカリトは、小さいながらも美しいビーチサイドの集落です。雄大な南アルプス(KāTiritiri o te Moana)の景色を見ることができ、潮のタイミングを見計らって、河口でカヤックを楽しむのに最適な場所です。


マオリの人たちにとって神聖な白鳥(kotuku)をはじめとした数千の鳥が、オカリト・ラグーンを訪れます。鷺の唯一の繁殖地は自然保護区になっており、10月下旬から2月末までのみオープン、立ち入るには事前の申請が必要です。ファタロアに拠点を置くツアーオペレーターは自然保護区へのツアーを行っています。

マセソン湖4
#でもそこがイイ - マセソン湖

マセソン湖は、マウントクックが鏡のように湖面に写し出される風景で有名です。植物の葉の養分が水に溶け湖は濃い茶色となり、周りの風景を映し出すのに最適の色合いとなります。

フランツジョセフから車で30分の所にあり、ニュージーランドの象徴的な景色を眺めることのできる、穏やかな遊歩道です。湖を一周すると、自然の葉に覆われた数々の幻想が浮かび上がるでしょう。

フォックス氷河5
#でもそこがイイ - フォックス氷河

フォックス氷河(Te Moeka o Tuawe)は、13キロの長さのある氷河です。氷河周辺の地域では、森林地帯にあるダイナミックな氷河の環境を体験することができ、主要な道路から歩いてアクセスすることができます。

ニュージーランドへの航空券を検索