ニューカレドニア

ニューカレドニアの休日では、ゆったりした体験と刺激的な体験、どちらも楽しむことができます。こんなニューカレドニアを「爽やかなコントラスがある島」なんて感じてしまうかもしれません。

ヨーロッパスタイルメラネシアフレンドリーさが融合されたこの【フランスの開拓地】である『ニューカレドニア』は、周辺の島では見られない独特の雰囲気を醸し出しています。

ニューカレドニア』では、島の新鮮な食材を、フランス料理風レシピで最大限に活かし、目がくらむほど美しいビーチにはヨーロッパ風カフェバーがたくさん並びます。洗練されたリゾートでのんびり過ごしたり、峡谷洞窟難破船などを探索することができます。

ヌメア、ニューカレドニアへの航空券を探す

この島では大自然の驚異も見逃せません。『グランドテール島』としても知られる本島では、驚くほどさまざまな景色が楽しめます。9,000ヘクタールにもおよぶ『ラ・リビエール・ブルー州立公園』では、飛べない鳥『カグー』(なんと、この鳥は吠えます!)をはじめ、多種多様な鳥が暮らしています。また、渓谷の『カナック族』を訪れることも、この島に生息する豊かな熱帯植物が織り成す美しい情景を満喫することもできます。

ニューカレドニア』では、実に幅広い種類のホリデーアクティビティが楽しめます。首都『ヌメア』のヤシの木が並ぶ大通りに立つと、まるで南仏の『コート・ダジュール』にいるような気分です。西海岸には、素晴らしいビーチと平原には牧場が広がり、東海岸では、豊かなの中、や隠れた渓谷を探検することができます。沖には、白いビーチとターコイズブルーのラグーンが広がる『ロイヤルティ諸島』と、その美しさで世界的に有名な『イル・デ・パン(パン島)』が浮かびます。

美しいビーチにはヨーロッパ風のカフェやバーが並びます。

ニューカレドニア』では大自然を堪能することはもちろん、豊かな文化を体験することをおすすめします。『ヌメア』にある『チバウ文化センター』で、『カナック族』の文化について学び、その芸術に浸ってみてください。毎週木曜日に『ヌメア』で開かれるナイトマーケットでは、地元で最高の料理やドリンクを楽しみながら現地のアート音楽ダンスが体験できます。たくさんのフレームツリーに囲まれた『ココティエ広場』でペタンクをしたり、巨大なチェスボードでチェスをしたりするのもおすすめです。

シャンパンでニューカレドニアの豊かな文化に乾杯しましょう!

ニュージーランドから短時間フライトで来ることができる『ニューカレドニア』では、他にはないユニークな南太平洋が楽しめます。日本との時差はプラス2時間の『ニューカレドニア』。公用語はフランス語ですが、ホテルや観光地では英語も使えるので安心です。

ニュージーランド航空で行く『ニューカレドニア』。ニュージーランドで乗り換えたら、ニュージーランドからは約3時間

さあ、ニュージーランド航空で『ニューカレドニア』を旅してみましょう。

ヌメア、ニューカレドニアへの航空券を探す

ニューカレドニアの現地情報

Best time to go icon.

ベストシーズン
ニューカレドニアは熱帯地方の周辺に位置しており、15℃から32℃の気温で、一年を通して春のような気候を楽しむことができます。

How much will it cost icon.

物価
地元の通貨は、フランス領ポリネシアでも使用されるCFPフランです。物価は、ニュージーランドやオーストラリアと同じくらいですが、地元の食材を食べ、インターナショナルスタイルのリゾートより安い宿泊施設を選ぶことで旅費を節約することができます。

Health icon.

健康
ニューカレドニアには、特別なリスクはほとんどありませんが、ジカウイルスが報告されています。この病気に対するワクチンが存在しないため、妊娠中の女性にはリスクとなる可能性があります。いずれにしても総合旅行保険への加入が望ましいでしょう。

Visas icon.

ビザ
日本国籍の方は、観光目的で最長90日までの滞在であればビザなしで入国することができます。3ヵ月以上滞在する場合は、在日フランス大使館でビザ申請をする必要があります。またパスポートは入国時に滞在日数に加えて3ヵ月以上の残存有効期間が必要です。