誰もが思い描く美しい南の島 サモア(Samoa)の観光情報

特別な場所での特別な出会いは、長く心に残り続けます。サモアは、そんな楽しい旅をお約束します。
アピア、サモアへの航空券を探す

どこまでも続く青いラグーン、島全体に広がる熱帯雨林。サモアは、誰もが思い描く美しい南の島そのものです。また、人々の温かい歓迎は、旅の大切な思い出となるでしょう。サモアは、ポリネシアの中心であり、古代から受け継がれた伝統と現代が共存している国です。『宝島』で知られる小説家のロバート・ルイス・スティーヴンソンが、この美しい島で晩年を過ごしたのも不思議ではありません。

サモアは古くから、訪れる人を不思議な吸引力で魅了してきました。サモアはアクティブに過ごすにも、ビーチでのんびりした時間を楽しむにも最適な島です。南太平洋で最も有名なお祭りは、ここサモアで開かれます。

アクティブに過ごすにも、ビーチでのんびりした時間を楽しむにも最適な島です。

サモアのアクティビティと見どころをいくつかご紹介しましょう。

ショッピングをするなら、ビーチ・ロードで毎日(日曜日を除く)開催されているアピアのフリーマーケットへでかけましょう。伝統的な木彫りやプリント柄の布地、カラフルなラバラバ(腰巻き)、カヴァ(伝統的な飲み物)用のお椀、装飾品などが並んでいます。

近くのロバート・ルイス・スティーヴンソン博物館も訪れてみましょう。偉大な作家は、首都アピアを見下ろすバエア山のお墓に眠っています。

さらにフェリーで、サモア最大の島(ただし人口密度は低い)であるサバイイ島へ。溶岩原の見学なら、サフア・ツアーズのガイド、ウォレン・ジョプリングさんが案内してくれます。宿泊は、北岸の集落、マナセかその周辺がおすすめです。ル・ラゴト・リゾートか、美しい白い砂浜の脇にあるビーチファレ(伝統住居)が良いでしょう。

9月に旅行される方は、テウイラ祭りをお見逃しなく。太平洋の島国ならではの個性と歓喜に満ちた盛大なお祭りで、歌や踊りが楽しめます。伝統舞踊や現代的なダンスのコンテスト、酋長のフィアフィア(踊り)、ポリネシア名物のアイラオアフィ(ファイヤーナイフダンス)、ウム料理、タトゥーや木彫りの実演、ミスサモア・コンテストなど、誰もが楽しめる内容です。

サモイでのアイランドウェディングは格別です。ゆらめく松明の光と静かな音楽の中、祝福の声を上げる人々に囲まれて、砂の上を裸足でゆっくり進んでいく光景を想像してみてください。格別の思い出になること間違いありません。式の後は、招待客と一緒に、朝獲れたばかりのシーフード料理を堪能しましょう。

こんな素敵なウェディングなら、ストレスは最小限。結婚式から披露宴まで、すべての手配を含むプランを提供しています。

ニュージーランドから短時間のフライトで来ることができるサモアで、誰もが思い描く美しい南の島を堪能しましょう。日本との時差はプラス4時間のサモア。公用語は英語。ほかにサモア語を使用します。ホテルや観光地ではもちろん公用語が英語なので安心です。

ニュージーランド航空で行くサモア。ニュージーランドのオークランドで乗り換えたら、オークランドからは約4時間。さあ、ニュージーランド航空でサモアを旅してみましょう。

サモアのホテルを探す

シェラトン・サモア・ビーチリゾート
シェラトン・サモア・ビーチリゾート
Entrance Road
1泊NZD295.18
ホテル ミレニア サモア
ホテル ミレニア サモア
Mulinu'u Road Sogi
1泊NZD95.95

サモアの現地情報

Best time to go icon.

ベストシーズン
赤道に近いサモアは、年間平均29度の熱帯性気候。雨季を避けた5月から10月の乾季が最適です。

How much will it cost icon.

旅費
ほとんどすべてを輸入に頼っているため、地元の物を除いて物価は高めです。しかし、ツアー、レンタカー、ガソリン代以外には、ほとんど費用はかかりません。渡航前に、現金の準備をお忘れなく。島にはATMがなく、クレジットカードを使える場所も限られています。

Health icon.

健康
ジフテリア、腸チフス、破傷風、A型肝炎の予防接種をおすすめします。デング熱ウィルスに対するワクチンがないため、特に雨季には蚊帳や虫除け剤の準備をおすすめします。

Visas icon.

ビザ
日本国籍の方は、観光目的で最長60日までの滞在であれば、ビザなしで入国することができます。有効なパスポートと、復路または乗り継ぎの航空券か乗船券、宿泊予約証明書、滞在費用証明等が必要です。またパスポートは入国時に滞在日数に加えて6ヵ月以上の残存有効期間が必要です。

アピア、サモアへの航空券を探す
Airline of the year logo 169x169

おかげさまで「エアライン・オブ・ザ・イヤー 2018」を受賞

ニュージーランド航空はこの度、 航空会社の安全性やサービスの評価で世界的に知られるAirlineRatings.comの「エアライン・オブ・ザ・イヤー」を5年連続で受賞いたしました。サービスの革新性、環境への配慮、安全性、そして社員のたゆまぬ熱意が評価されての受賞と誇りに感じつつ、これからも皆様に快適な空の旅を提供してまいります。AirlineRatings.comについての詳細はこちら。

このページは役に立ちましたか?