過去1年間の様々な機内データを発表

ニュージーランド航空は7月からの新会計年度を迎えるにあたり、 過去12ヶ月間の主な顧客データを調査し、 乗客の習慣・傾向についての興味深い結果を発表しました。
2017年7月19日

2017年度(2016年7月~2017年6月):

  •  ニュージーランド航空のネットワークにおいて提供した機内食は世界中で600万食以上、 そのうち50万人以上のお客様がチキンを選ばれました。 エコノミークラスで最も人気のあったメインディッシュは、 53万食を提供した「ローストチキンのタラゴンクリームソース添え、 ニュージーランド産クマラ(さつまいも)のローストとガーデンベジタブル添え」でした。
  • ニュージーランド航空をご利用されるお客様は、 甘い物が大好きということがわかりました。 国内線では、 クッキータイム社のクッキーが、 塩味のスナックの約3倍以上提供されました(クッキーが580万個に対して、 塩味のスナックは180万個)。
  • お客様は機内で、 ニュージーランド航空の代表的なキャンディ、 “ロリー”を1,450万個以上楽しまれました。
  • 機内では、 グラスにして約800万杯のニュージーランド産ワインを提供しました。  
  • 機内エンターテインメントシステムでは、 数千時間もの映画、 テレビ番組、 オーディオプログラムをお楽しみいただきました。 最も多く視聴された映画は、 ニュージーランドで人気の「ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル」で、 2017年度に177,000回以上視聴されました。 月間視聴回数が最も高かったのは「モアナと伝説の海」で、 平均約39,000回でした。
  • 機内でご提供している楽曲の中で、 最も多く聴取された曲は、 月間平均聴取数5,500回に迫るアデルの「ハロー」でした。
  • お子様へは、 おもちゃパックを142,000個ご提供し、 遊んでいただきました。
  • 弊社のAirpoints memberの方は、 Airpoints Dollars™(マイレージ)を利用し、 894,000便を超える特典フライトを利用されました。

ニュージーランド航空カスタマー・エクスペリエンス・ジェネラル・マネージャーのアニタ・ ホーソーンは、 数字から興味深いものが見えてくるとして、 次のように述べています。

「短時間の国内線のフライトでも、 世界で最も長い国際線のフライトであろうと、 一貫してユニークなニュージーランド流機内サービスやニュージーランドならではのお食事メニューを提供できることを誇りに思っています。 機内エンターテインメントやその他の機内アメニティも重要なサービスと考えています」

「私たちの機内サービスとプロダクトに関する全ての項目において、 顧客満足度が着実に向上しており、 大変喜ばしく思います」

ニュージーランド航空は毎年約176,000便を運航しており、 1,500万人以上のお客様の旅をお手伝いしています。 

 

※本件は、 2017 年7 月 18 日にニュージーランドで発表されている内容です。

 

【ニュージーランド航空について】
ニュージーランド航空は、1940年に設立された国際航空会社です。ニュージーランド国内をはじめ、アジア太平 洋を含む18ヶ国50都市以上への直行便を運航し、スターアライアンスに加盟しています。日本からニュージーランドへ直行便を運航する唯一の航空会社でも あります。ニュージーランド国内は玄関口のオークランドを中心に約20都市を結び、また、全日空とのコードシェア便により、日本各地からの乗り継ぎも便利 です。同社は、AirlineRatings.comの「エアライン・オブ・ザ・イヤー」(2014年から4年連続)や、2017年に新設されたトリップアドバイザー「トラベラーズチョイス 世界の人気エアライン2017」をはじめ、毎年数々の賞を受賞しており、安全性、定時性、サービスのクオリティ、環境への配慮など様々な面で高い評価を受けています。
Facebook: www.facebook.com/AirNZJP
Twitter: www.twitter.com/AirNZJP