革新的な廃棄物削減策として “食べられる”コーヒーカップを試験的導入

ニュージーランド航空は、サステナビリティの課題に対してこれまでにない革新的な方法を模索する中で、一部の機内および空港ラウンジにおいて“食べられる”コーヒーカップの試用を開始しました。

2019年12月6日

ニュージーランド航空では現在、1年あたり800万杯以上のコーヒーをご提供しています。

ニュージーランド航空シニア・マネージャー・カスタマー・エクスペリエンスのニキ・シャーヴは、現在のカップは土に還る素材で作られているものの、最終的な目標はカップを埋め立て地に持ち込まない状況にすることだとして、次のように述べています。

「私たちは、革新的なニュージーランド企業『twiice』(トゥワイス)と協力し、“食べられる”コーヒーカップの今後の導入を模索しています。バニラ味で液体が漏れないよう作られたカップは、お試しいただいたお客様から大好評で、デザートボウルとしても使っています」

twiice」共同設立者であるジェイミー・キャッシュモア氏は、“食べられる”カップにより、これまでにない革新的な容器のアイディアを体現し、世界に披露できたとして、以下のように述べています。

「ニュージーランド航空と提携し、世界中のお客様に向けて、ニュージーランド流のちょっとした創造力が、“食べられる”カップとして環境にとてもよい影響を与えることをお伝えすると同時に、非常にクールかつおいしい顧客体験をご提供できるのは、素晴らしいことです」

キャッシュモア氏によれば、「twiice」では“食べられる”食器の事業拡大に取り組んでおり、来年には新製品を展開予定です。

twiice」の“食べられる”カップの試用は、最近ニュージーランド航空がすべての航空機およびラウンジで導入した、植物由来のコーヒーカップへの切り替えを後押しするものでもあります。植物由来のカップは、プラスチックの代わりに紙とトウモロコシで作られているため、市販のコンポストで分解できます。この切り替えにより、年間約1,500万個相当のカップごみ削減が期待されています。ニュージーランド航空はまた、お客様ご自身が再利用可能なカップを機内やラウンジにお持ち込みいただくことも推奨し、ご協力を呼びかけています。

担当のシャーヴは、“食べられる”コーヒーカップの試用を続けるとともに、「twiice」や他のパートナーとも協力し、ニュージーランド航空にとって実行可能で長期的な製品の展開を模索していくと述べています。

 

※本件は、2019年12月4日にニュージーランドで発表されている内容です。

 

【ニュージーランド航空について】

ニュージーランド航空は、1940年に設立された国際航空会社です。ニュージーランド国内をはじめ、アジア太平 洋を含む18ヶ国50都市以上への直行便を運航し、スターアライアンスに加盟しています。日本からニュージーランドへ直行便を運航する唯一の航空会社でも あります。ニュージーランド国内は玄関口のオークランドを中心に約20都市を結び、また、全日空とのコードシェア便により、日本各地からの乗り継ぎも便利 です。同社は、AirlineRatings.comの「エアライン・オブ・ザ・イヤー」(2014年から6度目)、「ベスト・プレミアム・エコノミー」(2014年から6年連続)や、2017年に新設されたトリップアドバイザー「トラベラーズチョイス 世界の人気エアライン」をはじめ、毎年数々の賞を受賞しており、安全性、定時性、サービスのクオリティ、環境への配慮など様々な面で高い評価を受けています。
Facebook: www.facebook.com/AirNZJP
Twitter: www.twitter.com/AirNZJP