新作機内安全ビデオで絶滅危惧種の野鳥を守る 自然保護活動を紹介

ニュージーランド航空は、機内安全ビデオの最新作「飛べない鳥 “タカヘ”の大冒険」編を発表しました。

2020年2月28日

この動画では、ニュージーランドが生物多様性の危機により受ける影響をテーマとし、ある少女がニュージーランド航空と環境保全省(Department of Conservation、略称DOC)のサポートを得ながら、迷子になった飛べない鳥タカヘを新しいすみかに運ぶ物語です。

この機内安全ビデオは、DOCとの8年間にわたるパートナーシップが基盤となっています。2者はニュージーランドの自然環境の保護と強化を支援するため、2012年から協力関係を築いてきました。ニュージーランド航空はこのパートナーシップの下、3,200以上の絶滅危惧種を安全な場所に輸送、38,000ヘクタールに渡り設置された外敵を捕獲するトラップに資金を提供、さらにニュージーランドの海洋保護区での調査や研究を支援してきました。

主役ジェイニーを務めたのは新星リリー・ローバック氏で、その他にDOC絶滅危惧種アンバサダーを務めるニコラ・トキ氏、DOCレンジャーのジェリー・ヘンリー・フィンチ氏、ニュージーランド航空客室乗務員のダニエル・グリフィオエン、ヘンリー・マッキンタイア、シェリー・プレトリウス、ジョーダン・ヤング、そしてニュージーランド航空社員の子どもたちが出演しています。コンピュータ・グラフィックスにより登場するタカヘは「ミスター・T」と名付けられました。

作品を特徴づけるニュージーランドの景色も登場します。フィヨルドランドのマーチソン山(絶滅したと思われたタカヘが1948年に見つかった場所)、ハウラキ湾のティリティリ・マタンギ島(野生の鳥の保護区)、ワイカトのサンクチュアリ・マウンガタウタリ山(国内最大の生態系保護プロジェクトを実施している場所)を見ることができます。

ニュージーランド航空のグローバル・ブランドおよびコンテンツ・マーケティングのゼネラルマネージャー、ジョディ・ウィリアムズは、最新の機内安全ビデオは魅力的なストーリーの背景に、重要なメッセージを擁しているとして、次のように述べています。

「作品は一見軽快なものですが、とても大切なメッセージを伝えています。ニュージーランド在来の鳥が、助けを必要としているからです。ニュージーランド航空の機内安全ビデオは、過去10年間で18,000万回以上も再生されており、ニュージーランドの生物多様性の危機に注目してもらうには最適な媒体です」

「私たちはDOCとの協働による仕事を大変誇りに思っています。ニュージーランドの皆さんも海外から訪問される方も、私たちの最新の機内安全ビデオをお楽しみいただくだけでなく、その背景にあるメッセージを受け止めてくださることを願っています」

DOCの絶滅危俱種アンバサダー、ニコラ・トキ氏は、ニュージーランドの生物多様性の危機に関しては、まさに今が世界的に発信すべき重要な時期だと話しています。

「現実には非常に多くの在来種が、急速に絶滅の危機に瀕しています。歴史的にニュージーランドに人類が住むようになってからすでに鳥が50種も絶滅しており、毎年最大2,500万羽の在来種の鳥が、捕食動物によって命を奪われています。ニュージーランドの土地に根ざした『タオンガ』(マオリ文化の大切な財産)を守ることは大きな挑戦ではあるものの、すべてのニュージーランド人が個人や企業として、裏庭用の捕食動物トラップを買ったり、地元のコミュニティ・グループをサポートすることで活動に参加できます」

「最新の機内安全ビデオで、DOCがニュージーランド航空と協力できたことを嬉しく思います。この国の在来種は、ニュージーランド人としてのアイデンティティの一部ですから、保護することはとても重要です」

機内安全ビデオ最新作「飛べない鳥 “タカヘ”の大冒険」編は、2月28日よりオンラインで、またニュージーランド航空の国際線と国内線の機内では31日よりご覧いただけます。

https://youtu.be/Wb1XsDggofc

  

※本件は、2020228日にニュージーランドで発表されている内容です。

 

【ニュージーランド航空について】

ニュージーランド航空は、1940年に設立された国際航空会社です。ニュージーランド国内をはじめ、アジア太平 洋を含む18ヶ国50都市以上への直行便を運航し、スターアライアンスに加盟しています。日本からニュージーランドへ直行便を運航する唯一の航空会社でも あります。ニュージーランド国内は玄関口のオークランドを中心に約20都市を結び、また、全日空とのコードシェア便により、日本各地からの乗り継ぎも便利 です。同社は、AirlineRatings.comの「エアライン・オブ・ザ・イヤー」(2014年から6度目)、「ベスト・プレミアム・エコノミー」(2014年から6年連続)や、2017年に新設されたトリップアドバイザー「トラベラーズチョイス 世界の人気エアライン」をはじめ、毎年数々の賞を受賞しており、安全性、定時性、サービスのクオリティ、環境への配慮など様々な面で高い評価を受けています。
Facebook: www.facebook.com/AirNZJP
Twitter: www.twitter.com/AirNZJP