クリスマス・ソング『サマー・ワンダーランド』がニュージーランドで早くも1位を獲得

ニュージーランド航空が発表したクリスマス・ソング『サマー・ワンダーランド』が12月14日、ニュージーランドのiTunesチャートにて、テイラー・スウィフト、ゼイン、クリーン ・バンディットやアデル等世界的スターたちの新曲を抜き、1位を獲得しました。
2016年12月16日 

世界的に有名なクリスマス・ソング『ウィンター・ワンダーランド』を南半球の真夏バージョンに書き換えた『サマー・ワンダーランド』は、12月1日の公開後1千万回以上再生されています*1。 ニュージーランド航空は、12月9日より同ソングを音楽ストリーミング・サイトにて販売開始し、 その収益をニュージーランドにあるスターシップこども病院を支援するスターシップ・ファウンデーションへ全額寄付します。

『サマー・ワンダーランド』には、 複数のアルバムでプラチナ・ディスクを獲得しているアイルランドのアーティスト、 ローナン・キーティング、 そしてニュージーランドの子役として活躍する10代半ばのジュリアン・デニソンが出演しており、 世界中で視聴され大ヒットとなっています。 また、 「デイリー・メール」等世界中のメディアにも取り上げられ、 TwitterやYouTubeでも話題になっています。  

ニュージーランド航空のグローバル・ブランド&コンテンツ・マーケティング担当ジェネラル・マネジャー、 ジョディ・ウィリアムスは、 音楽ファンの皆様が『サマー・ワンダーランド』をホリデー・シーズンのプレイリストに組み込んでくださったことは大変光栄で、 同時にスターシップ・ファウンデーションの発展に貢献できるとして、 次のように述べています。

「ニュージーランド航空は、 南半球のクリスマスを特別なものにするのは、 雪だるまやそりではなく、 太陽の光、 バーベキューそしてビーチに象徴される夏の季節であるということを盛り込んだクリスマス・ソングを作りたいと考えました」
「この曲で書き換えたニュージーランド発の歌詞が世界中の何百万人もの人々に笑顔をもたらし、 またスターシップこども病院でこの時期を過ごす家族にとってクリスマスが少しでも明るいものとなるお手伝いができることを、 嬉しく思います」

※本件は、 2016年12月14日にニュージーランドで発表されている内容です(注釈を除く)。

 

ニュージーランド航空について
ニュージーランド航空は、1940年に設立された国際航空会社です。ニュージーランド国内をはじめ、アジア太平 洋を含む18ヶ国50都市以上への直行便を運航し、スターアライアンスに加盟しています。日本からニュージーランドへ直行便を運航する唯一の航空会社でも あります。ニュージーランド国内は玄関口のオークランドを中心に約20都市を結び、また、全日空とのコードシェア便により、日本各地からの乗り継ぎも便利 です。同社は、AirlineRatings.comの「エアライン・オブ・ザ・イヤー」(2014年から3年連続)をはじめ、毎年数々の賞を受賞してお り、安全性、定時性、サービスのクオリティ、環境への配慮など様々な面で高い評価を受けています。
Facebook: www.facebook.com/AirNZJP
Twitter: www.twitter.com/AirNZJP