2017年7月に東京・羽田空港発着便を就航

ニュージーランド航空は、2017年7月21日より新たに羽田空港発着便の運航を開始し、既存の成田空港に加えて、東京から2つの玄関口をお客様にご提供します。
2016年12月21日

現在、 ニュージーランド航空は成田国際空港よりデイリー運航(週7便)、 ピークシーズンとなる12月1日から3月25日は週10便で運航しております。 また、 西日本では関西国際空港-オークランド線の季節便(週3便)も運航しています。

今回、 2017年7月21日から、 成田国際空港発着のデイリー運航に加え、 羽田-オークランド便が週3便追加されることで、 東京からニュージーランドへの利便性がさらに高まることになりました。

羽田-オークランド便は月・木・土曜日に羽田空港を出発し、 オークランド-羽田便は、 水・金・日曜日にオークランドを出発いたします。 機材はボーイング787-9型機を使用します。

ニュージーランド航空日本・韓国地区支社長のクロヴィス・ペリエは、 今回の羽田便就航によって、 お客様により多くの選択肢をご提供できるとして、 次のように述べています。

「既存の成田便、 大阪からの季節便にこの羽田便が加わることで、 お客様の旅行ニーズにより柔軟にお応えできるようになります。 日本国内の各都市から羽田空港を経由してオークランドへよりスムーズな乗り継ぎが可能となり、 また羽田便はオークランドに昼過ぎに到着するので、 ニュージーランド各地にその日のうちに移動が可能となります」

「さらに、 羽田に向けてオークランドを午後出発するため、 ニュージーランド各地方都市からの乗り継ぎがスムーズです。 ニュージーランドから東京を訪れる旅行者の皆様にとっても、 便利なものとなるでしょう」

「観光産業がニュージーランドと日本において共に成長を続けるなかで、 2019年ラグビー・ワールドカップの日本開催や2020年東京オリンピック等を見据えるこれからの数年間、 ニュージーランド航空は日本路線をより強化していきたいと考えています」

ニュージーランドへの渡航者数において、 日本は5番目に大きい市場です。 日本からニュージーランドへの訪問者数は2016年10月時点で年間97,312人、 前年比13.8%増となりました。 日本を訪れるニュージーランド人も同期間で15.0%増え、 年間32,920人でした。

羽田便の航空券は12月21日より、 ニュージーランド航空予約部および各旅行代理店で販売開始となります。 また、 2017年1月下旬より、 ニュージーランド航空公式サイトからの購入が可能となります。

羽田便就航に関する詳細は公式サイトの下記ページにてご覧いただけます。
http://airnz.co.jp/campaign/hnd/

※本件は、12月21日にニュージーランドで発表されている内容です。

 

ニュージーランド航空について
ニュージーランド航空は、1940年に設立された国際航空会社です。ニュージーランド国内をはじめ、アジア太平 洋を含む18ヶ国50都市以上への直行便を運航し、スターアライアンスに加盟しています。日本からニュージーランドへ直行便を運航する唯一の航空会社でも あります。ニュージーランド国内は玄関口のオークランドを中心に約20都市を結び、また、全日空とのコードシェア便により、日本各地からの乗り継ぎも便利 です。同社は、AirlineRatings.comの「エアライン・オブ・ザ・イヤー」(2014年から4年連続)をはじめ、毎年数々の賞を受賞してお り、安全性、定時性、サービスのクオリティ、環境への配慮など様々な面で高い評価を受けています。 Facebook: www.facebook.com/AirNZJP
Twitter: www.twitter.com/AirNZJP