車椅子をご使用のお客様

ニュージーランド航空では、車椅子をご利用のお客様に快適にお過ごしいただける体制が整っています。

非常時の避難がご自身でできる身体的能力が確かにあるとお考えの場合、ご希望であれば付き添いなしに単独でご搭乗いただけます。

非常時の避難が身体的にご自身ではできない場合もご搭乗いただけますが、避難時にお客様のお手伝いができる16歳以上のお付き添いの方を同伴していただく必要がございます。

客室乗務員がさまざまなお手伝いをいたしますが、お手伝いができないこともあります。飛行中の食事の介助、薬品の投与、またはトイレの介助が必要な場合、手伝いができる16歳以上のお付き添いの方を同伴していただく必要があります。

飛行時間が短く、お手伝いが不要な場合は、ご希望であれば付き添いなしに単独でご搭乗いただけます。

ご搭乗に際し、次のご案内をお読みください。

ご出発前に

ニュージーランド航空では、3種類の「スペシャル・サービス・リクエスト(SSR)」コードをお客様の予約記録に入力います。このコードは、お客様がどの程度のサービスを必要としているかを確認するため、すべての航空会社で使用されています。ご搭乗便の乗り降りがご自身でできるかどうかスタッフが確認し、予約記録にお客様に最も適したサービスコードを入力します。

  • WCHR
  • WCHS
  • WCHC

詳しくは車椅子をご使用のお客様のオンライン予約をご覧ください。

他の航空会社による運航便をご利用の場合、各航空会社がどのようなサービスを提供しているか、また、必要とするサービスを受けるためにはどのような情報を事前に知らせる必要があるかをご確認ください。

空港にて

搭乗手続き(チェックイン)

他のお客様に先がけてご搭乗や座席のご要望をお伺いできるよう、出発の60分以上前にチェックインをしていただきますようお願いいたします。お客様がどのようなサービスを具体的に必要とされるかをお伺いし確認する必要がありますので、自動チェックイン機KIOSKによるチェックインは行わないようご注意ください。

移動用リフトや機内用車椅子が必要な場合は、チェックイン担当スタッフにお知らせください。移動用リフトを利用される場合は、ベルトなどの装着時に男性・女性スタッフのどちらによるサポートを希望されるかをお知らせください。

お客様の車椅子をお預けになる場合は、空港備え付けの車椅子でスタッフが機内のお座席までご案内いたします。航空機の搭乗口までご自分の車椅子をご利用いただくこともできます。お客様の車椅子はチェックイン時に札をつけ、搭乗口から貨物室にお運びいたします。

普段お使いの車椅子と、別の車椅子1台(シャワー用、スポーツ用など)は無料で貨物室にてお預かりしますが、追加装備等については超過手荷物料金をいただく場合があります。車椅子にはお名前とご住所を明記した札をおつけください(ご要望に応じてお手伝いいたします)。分解可能なスポーツ用車椅子を2〜3のパーツに分けた場合、手荷物1個として数えます。

車椅子は多くの場合カスタマイズされていることから、付属の説明書をお持ちいただければ、スタッフによるお客様の車椅子の梱包、保管、組み立てを丁寧かつ迅速に行うことができます。

特に重要な点は以下のとおりです。

  • 背もたれの倒し方
  • バッテリーの外し方(必要な場合)
  • 車輪が自由に回るようにするためのロック解除の仕方
  • 「コントローラー/ジョイスティック」の外し方
ニュージーランド航空全便におけるバッテリー式の車椅子の持ち込み

バッテリー式の車椅子の多くは完全に折りたたむことができないため、お預かりすることができない場合があることをご了承ください。下記の運航機材の詳細案内をご覧になるか、ご予約の前にニュージーランド航空にご確認になり、お客様の車椅子を持ち込めるかどうかご確認ください。

  • 安全規則により、漏れ防止装置を施したバッテリーは、漏電しないよう末端を保護し、車椅子または歩行補助車にしっかりと取り付けることが必要です。飛行中に車椅子が貨物室内で作動しないようにしなければなりません
  • 漏れ防止装置が施されていないバッテリーの付いた車椅子または歩行補助車については、バッテリーはプラグを抜き、漏電しないよう末端を保護し、車椅子または歩行補助車はまっすぐ立てて保管します。それができない場合は、バッテリーを車椅子または歩行補助車から取り外し、定められた梱包をしてお預かりいたします
  • ご搭乗手続きの際に、ご利用の車椅子または歩行補助車のバッテリーのタイプをお知らせください
  • 損傷の恐れがありますので、できるだけ「コントローラー/ジョイスティック」は車椅子から取り外し、ご自身でお持ちいただくようお願いします
リチウムまたはリチウムイオン電池付きの車椅子または歩行補助車

リチウム電池は、飛行中に大きな火災を引き起こす危険性がありますので、以下の要件をよくお読みください。

  • 300wh以下の電池であること。作動のための電池が2個付いている車椅子または歩行補助車の場合、各電池が160Wh以下であること
  • 車椅子または歩行補助車をお預けになる前に、取り外し可能な電池は必ず取り外し、客室へお持ちください。電池は末端を覆い、漏電しないよう保護してください
  • 電池を取り外せない車椅子または歩行補助車の場合、電池をしっかり取り付け、漏電しないよう末端を保護してください。車椅子または歩行補助車の電源を完全に切る方法を、お客様から空港スタッフにご説明ください
  • 予備の電池は機内にお持ちになってください。予備電池は、300Wh以下の電池1個または160Wh以下の電池2個までお持ちになれます
  • 内蔵されている電池またはお持ちになる予定の予備の電池のワット時定格量(Wh)またはリチウム含有量(g)を必ずご確認ください。ワット時定格量(Wh)またはリチウム含有量(LC)の表示のない、または表示が不明瞭なリチウム電池の持ち込みはお断りしています
    アンペア時(Ah)からワット時(Wh)への換算方法は、「Ah x 電圧」です(例:4.9 Ah x 10.8 V = 53 Wh)。どちらの数字も電池の情報ラベルに記載されています

受託手荷物の禁止・制限品で、制限品に関する詳細をご覧になれます。

背もたれが倒せないタイプのバッテリー式の車椅子を持ち込めるかどうかは、下記機材の入口のサイズをご参照ください。貨物室の入口のサイズは 幅x高さcmで表示されています。 

機材仕様

機材タイプ

  • ATR 72
    • 前方 ドア:129 x 153 cm
    • 後方ドア:64 x 122 cm
  • ボンバルディアQ300:127 x 152 cm

ニュージーランド航空のその他の機材では、車椅子はコンテナ収容いたしますので、入口のサイズをご心配になる必要はありません。

機内までの移動、機内からの移動

ボーディングブリッジが利用できる場合は、航空機の搭乗口までご自分の車椅子がご利用いただけます。チェックインの際に、一般のお客様よりも優先してご搭乗いただけます。早めにご搭乗いただくことで機内への移動をエスコートし、車椅子を航空機の貨物室へ運ぶ十分な時間を取ることができます。早めのご搭乗をご希望の場合、搭乗ゲート担当スタッフにお申し出ください。

搭乗口では以下のいずれかが必要となります。

  • ご自身でお座席まで移動
  • 付き添いの方とご一緒に移動
  • スタッフが座席移動用リフト「イーグル」(ニュージーランド国内のみ。オークランド空港、ウェリントン空港、クライストチャーチ空港、ダニーデン空港)またはスライディングボードやスライドシートにより移動をお手伝い

必要に応じ、(座席移動用リフトの)吊り具の装着は、ボーディングブリッジの人目につかない場所で、ご要望に合わせ男性または女性スタッフがお手伝いいたします。プライバシー保護および安心感の観点から、半ズボン または長ズボンの着用をおすすめいたします。

飛行中は座席移動用リフトはご利用になれません。座席移動用リフトはニュージーランド国内各空港の地上設備です。

ご到着後はスタッフが、ご要望に応じて空港備え付けの車椅子またはお客様ご自身の車椅子を準備してお迎えいたします。可能な場合は、税関検査、入国

審査、到着エリアの受託手荷物の受け取りまでサポートいたします。

機内にて

機内用車椅子

すべてのニュージーランド航空国際線のボーイング777型機、エアバスA320型機には、機内用車椅子(機内の狭い通路専用の車椅子)を搭載しています。機内用車椅子は、ご搭乗中のお座席への移動、またお手洗いへの移動の際にご利用いただけます。

ニュージーランド国内線の機材には、スペース上の理由から機内用車椅子を搭載していません。各空港に、ご出発時やご到着時にお座席までの移動、お座席からの移動にご利用いただける機内用車椅子が備え付けられています。

飛行時間の短い国内線の飛行中は、お座席にお座りのままお過ごしいただきます。

四肢麻痺のお客様のためのハーネス

ニュージーランド航空ではすべての航空機に、座席に胴体を固定し支える特殊ハーネスを搭載しています。ご予約時およびご搭乗時にお申しつけください。FAA規則によりハーネスのサポートが必要なお客様は、ハーネスが座席エアバッグの妨げになるため、ビジネス・プレミアまたはプレミアム・エコノミーのSpaceSeat™ではご利用いただけません。

機内でのサポート

非常時の避難がご自身でできる身体的能力が確かにあるとお考えの場合、ご希望であれば付き添いなしに単独でご搭乗いただくことができます。

非常時の避難が身体的にご自身ではできない場合もご搭乗いただけますが、避難時にお客様のお手伝いができる16歳以上のお付き添いの方を同伴していただく必要がございます。

客室乗務員がさまざまなお手伝いをいたしますが、お手伝いができないこともあります。

飛行中に食事の介助、薬品の投与、またはトイレの介助が必要な場合、そのお手伝いができる16歳以上のお付き添いの方を同伴していただく必要がございます。飛行時間が短く、そうしたお手伝いが不要な場合は、単独でご搭乗いただくことができます。

国際線をご利用の場合

普段、座席への移動、座席からの移動に身体介助を要するお客様については、スタッフがスライディングボードやスライドシートでサポートいたします。ご自身で移動ができる方の場合、またはお付き添いの方が移動をサポートする場合(推奨)には、スタッフが必要に応じて下腿部の移動をお手伝いいたします。

ニュージーランド国内線をご利用の場合

普段、座席への移動、座席からの移動に身体介助を要するお客様については、オークランド空港、ウェリントン空港、クライストチャーチ空港、ダニーデン空港にて、すべてのエアバスA320型機への移動用リフトがご利用いただけます。また機内のお座席までの移動、お座席からの移動を、スライディングボードやスライドシートでスタッフがサポートすることも可能です。

ご希望の場合、各空港でご搭乗時やご到着時に、お客様のおからだを持ち上げ座席移動を手伝うお付き添いの方の手配をお願いいたします。お付き添いの方はお客様と一緒にご旅行いただく必要はありませんが、保安検査を受けていただく必要があります。上半身を持ち上げることができれば、必要に応じスタッフが下腿部の移動をお手伝いいたします。

現在、地域航空機(ATR72、Q300)では移動用リフトはご利用になれませんのでご注意ください。ご搭乗時やご到着時に、お客様のおからだを持ち上げ座席移動を手伝うお付き添いの方を手配していただく必要がございます。