これは医師により、ご搭乗いただいても安全であると証明されるものであり、ニュージーランド航空は必要なサービスを準備することができます。

医師の診断書(MEDAフォーム)

ご出発前に医師の診断書をお出しいただく必要がある方

医師の診断書は不要ですが、ご出発前に症状をお知らせいただく方

お薬の機内持込について

ニュージーランド航空以外の航空会社もご利用になる方

医師の診断書(MEDAフォーム)

医師の診断書をご提出いただくには、MEDAフォームと呼ばれる入力フォームをご利用いただきます。MEDAフォームはお取り扱いの旅行代理店から入手するか、下記のリンクをクリックしてダウンロードし、プリントアウトしてご利用ください。ニュージーランド航空のMEDAフォームはIATA承認済みフォームに基づいています。

MEDAフォームは全部で3つのパートで構成されています:

  • パート1 お客様、またはお取り扱いの旅行代理店にて、ご搭乗便の詳細を記入いただきます。
  • パート2 かかりつけ の医師にて、症状に関する詳細を記入いただきます。
  • パート1とパート2が揃いましたら、少なくともご出発の5日前までに、お取り扱いの旅行代理店、もしくはニュージーランド航空MEDA&Special Handling Desk へ FAXまたはEメールにてお送りください。送付先はフォームの下部に記載されています。
  • パート3  医師向けの医療ガイドラインです。かかりつけの医師が、お客様の安全なご旅行を配慮するために必要な情報です。

MEDAフォーム パート1 (ご搭乗者、旅行代理店用) 、パート2 (かかりつけの医師用)
MEDAフォーム パート3 医師向け医療ガイドライン

全てのMEDAフォームはご出発の3日から14日前までにご提出ください。より詳しい情報はMEDAフォームパート3をご覧ください。

ご出発前に医師の診断書をお出しいただく必要がある方

下記の何れかに該当するお客様は医師の診断書(MEDAフォーム)をご提出ください:

  • 飛行中にご本人様、または他のお客様に重大な影響を及ぼす可能性があるご病気やお怪我をされている方。
    これには、心臓病の治療中の方、重度の障害をお持ちの方、精神病の方、妊娠後期の方(国際線ご利用時または多胎妊娠の場合)が含まれます。
  • 現在治療中またはリハビリ中の、下半身不随または四肢麻痺の方。 車椅子をご利用の方へのサービスもご覧ください。
  • 飛行により症状が悪化する可能性のある方。これには、肺、耳、鼻の疾患をお持ちの方、最近骨折してギプスをされている方、最近大きな手術を受けられた方などが含まれます。
  • 感染症を患っている方。これには、水痘、結核、はしか、おたふく風邪など、ご搭乗当日に他のお客様に感染する可能性のある疾患をお持ちの方が含まれます。
  • 特別な医療機器を必要とされる方。これには、ネブライザー、シリンジ・ポンプ、CPAP呼吸補助装置など、航空機から電源を取る、またはバッテリー式の機 器などが含まれます。これらの機器は、機内での使用が安全で、航空機の運航システムに影響を与えないか確認が必要となりますので、少なくともご出発の2週 間前までにニュージーランド航空にお知らせください。
  • 生後7日以内の赤ちゃん、または未熟児の赤ちゃんをお連れの方。

医師の診断書が不要で、ご出発前に症状をお知らせいただく必要がない方

下記に該当する方は医師の診断書(MEDAフォーム)の提出の必要はございません:

  • 糖尿病の疾患をお持ちの方で、ご自身にて投薬できる方、または付き添いの方が投薬できる場合(お薬は、機内持込手荷物としてお持ちください)。
  • 喘息の疾患をお持ちの方(ただし、ネブライザーをご利用になる場合はMEDAフォームの提出が必要です)。
  • 症状が安定したてんかんの疾患をお持ちの方で、薬で症状を抑えることができる方。
  • 心臓ペースメーカーをご利用の方で、症状が安定している方。

お薬の機内持込について

飛行中または空港にて投薬する必要がある方は、機内持込手荷物にお薬をお入れください。

新しい航空安全措置法により、機内にお薬を持ち込む場合は、専門家による薬の説明が書かれたラベルもお持ちいただく必要があります。可能な限り、処方された薬がもともと入っていた袋のままお持ちください。

お薬を冷やしておく必要がある場合は、かかりつけの薬剤師にご相談ください。ニュージーランド航空では、お薬をお預かりし、航空機の冷蔵庫に保管することはできませんので、ご自身にて氷やドライアイスなどの冷却成分を入れたケースをご用意いただきます。

危険物に関する規則では、合計で2kgを超えるドライアイスは持ち込みができないこと、また、ドライアイスを入れるケースは密封しないことが定められております。なおケースには、二酸化炭素を放出するための小さな通気口が必要です。

重要:ニュージーランド航空以外の航空会社もご利用になる方

提携航空会社とのコードシェア路線を含め、ニュージーランド航空以外の航空会社の運航便にご搭乗になる方は、その航空会社の規則に従っているかご確認ください。お取り扱いの旅行代理店にてお調べいただくことができます。