エコノミー「スカイカウチ」

少しスペースに余裕が欲しいカップル、小さなお子様連れ、または元気な二人のお子様連れのお父様やお母様。革新的なエコノミー「スカイカウチ」は、そんなお客様にとっての理想的なシートです。

スカイカウチとは

エコノミー「スカイカウチ」は、エコノミー・シート3席が連なる一体型シート。リラックスして手足を伸ばしたり、お子様が遊ぶスペースとして使ったりと、望みどおりの空間を自在に生み出せます。まるで機内にしつらえた自分専用のカウチです。

エコノミー「スカイカウチ」の幼児専用ハーネス、ベルト、ポッド(ベビーベッド)は、2018年中旬よりボーイング777型機、787-9型機にてご利用いただけます。お子様とご家族でさらに快適で安全な機内での時間をお過ごしいただけます。

スカイカウチをご利用のお客様は、エコノミーで通常ご提供しているおいしい食事機内エンターテインメントをお楽しみいただけます。


360° ツアー

画面をドラッグして、ボーイング787-9型機 ドリームライナー エコノミー「スカイカウチ」の客室を見られます。

ニュージーランド航空の機内に立っているような体験を360° ツアー*でお楽しみください。


手足を伸ばせるスペース

あらゆるお客様にご満足いただけるスカイカウチ

フラットシートでお好みの空間を自在に創りだし、お楽しみください。ご家族連れやカップルをはじめ、自分だけのスペースに少し余裕が欲しいお客様にとって、スカイカウチはご満足いただける選択肢となるでしょう。ご自身のニーズに合ったセットアップをお選びください。

ご予約いただきますと、3席すべてがお客様とお連れの方専用のシートになります。

 

スカイカウチのご利用方法

エコノミー・シートと同じシートですが、違いは座席の下に折り畳み式のフットレストがあり、それを引き出せばシートがカウチになります。フットレストは個々のシートで出し入れが可能です。角度は60度と90度で調整いただけます。

窓側のアームレストは垂直まで上げられるので、快適なラウンジのような空間を創りだすこともできます。中央席のアームレストもすべて座席の間にしまうことができます。

お休みになる時には、乗務員がスカイカウチのセットアップをお手伝いします。また横になられた際にご利用いただける延長シートベルトもご用意しております。

スカイカウチの寸法

スカイカウチの長さは、壁側のアームレストを上げた状態で155cm(5フィート1インチ) 、クッションとレッグレストを合わせると奥行は約74cm(29インチ)です。

スカイカウチの座席位置

エコノミー「スカイカウチ」の座席は、エコノミー客室内の前方に位置します。全てのボーイング777型機、787-9型機に搭載しています。座席と配列については、シートマップにてご確認ください。

幼児専用ハーネス、ベルト、ポッド(ベビーベッド)

2018年後期より、幼児専用ハーネス、ベルト、ポッド(ベビーベッド)を導入します。飛行中はもちろん、シートベルトサイン点灯中も、お子様を寝かせておくことができます。

オプションである折り畳み式のベビー用寝具のポッドを使用することで、お子様とご家族がさらに快適で安全な時間を過ごせるようになります。

幼児をお連れのスカイカウチのお客様は、幼児専用ハーネス、ベルト、ポッド(ベビーベッド)を無料で利用できます。ポッド(ベビーベッド)は、空き状況によりますが、ポッドに入ることができる身長の幼児をお連れのお客様が利用可能です。

詳しくはエコノミー「スカイカウチ」の幼児専用ハーネス、ベルト、ポッド(ベビーベッド)をご覧ください。

スカイカウチの予約

長距離路線のオンラインご予約時に、エコノミー「スカイカウチ」をエコノミー運賃に追加することができます。スカイカウチが利用可能なフライトは、エコノミー運賃の下に「skycouch™ 搭載」と表示されます。料金と詳細は「追加オプション」ページでご確認ください。

ご旅行人数に合わせてタイプをお選びください。スカイカウチ1列、スカイカウチ1列にエコノミー・シートをプラス、スカイカウチ2列以上のオプションがあります。

TripAdvisor Travelers Choice 2018

「トラベラーズチョイス™ 世界の人気エアライン2018」にて総合2位を受賞

ニュージーランド航空は、全世界の航空会社の中で総合第2位、南太平洋においてはベストエアラインに選ばれました。さらに、プレミアムエコノミークラス部門では、2年連続でベストプレミアムエコノミークラスを受賞しました。