大型手荷物とスポーツ用品

ニュージーランド航空のフライトをご利用の際、大型手荷物、重量超過手荷物、またはスポーツ用品がある場合、下記の選択肢があります。

手荷物が重量超過手荷物/大型手荷物になるのかどうかが不明な場合は、受託手荷物をご覧ください。他の航空会社による運航便の場合、ニュージーランド航空のフライト番号が記載されていても、各運航航会社にお問い合わせください。

手荷物が23kgを超える場合

手荷物が23kg(50lb)を超える場合、選択肢は次の通りです。

重量超過手荷物料金を支払う。重量超過手荷物が32kg未満の場合で、ご搭乗便に余裕がある場合は、空港で重量超過手荷物料金を支払うことができます。手荷物を詰め直し、前払い追加手荷物を購入できる場合は、空港での超過料金を支払うよりもお得です。 

手荷物を詰め直すことができず手荷物が32kg以上の場合、受託手荷物としてお預けできません。

総寸法(縦+横+高さ)が158cm(62インチ)を超える場合

総寸法(縦+横+高さ)が158cm(62インチ)を超える場合、選択肢は次のとおりです。

2個の小さな手荷物に詰め直す。追加手荷物の料金を支払う必要があるかもしれませんが、これが最善の方法であると考えられます。幼児運賃の場合を除き、お客様1人に標準受託手荷物許容量が割り当てられています。一部の運賃には複数個の手荷物が割り当てられていますので、予約をご確認ください。Airpoints™ Goldの方、Eliteの方、スターアライアンス・ゴールドの方、Koru memberの方は、無料で手荷物を追加できます。会員特典(英語)をご覧ください。追加の受託手荷物許容量を購入する場合、最もお得な選択肢は前払い追加手荷物です。

超過手荷物料金を支払う。ご搭乗便に余裕がある場合は、空港で超過手荷物料金をお支払いいただくと、大型手荷物をお持ち込みいただけます。縦、横、高さのいずれかが1メートルを超える場合は当社にお問い合わせいただき、その3つの寸法について、ご搭乗の航空機に持ち込み可能かどうか確認することをお勧めします。

手荷物を詰め直すことができず、大きすぎて手荷物エリアに入らない場合、受託手荷物としてお預けできません。

スポーツ用品

1辺の長さが2m以内、かつ23Kg以内のスポーツ用品は、標準手荷物と同様の扱いとします。それ以外の場合、超過手荷物料金が適用されます。許容最大重量は32kg、最大長はジェット機では2.5mです。

地方路線のご利用で、寸法が縦1.8m x横0.8m x高さ1.20mを超える場合は、ニュージーランド航空までお問い合わせください。容量が小さいため、釣り竿、スキー、ポールなど、2.2mまで受け入れ可能なものもあります。

スポーツバッグには複数の道具を収納することが可能です。そのバッグの重量と寸法で判断します。

1つにまとめてパッキングまたはバッグに入れることができるスポーツ用品の例を次に示します。

  • 自転車(梱包手順については下記参照)
  • ウィンドサーフボード+ウィンドサーフィン器具
  • ハンググライダー
  • サーフボード
  • 水上スキー
  • ゴルフバッグ(ゴルフクラブとゴルフシューズ一組含む)

※スキー+ブーツ+ポールのセット、スノーボード+ブーツ+バインディングのセットは、別々にパックされていても一つの荷物として扱います。

自転車の梱包

チェーンのない子供用の自転車を除き、自転車の梱包箱やバッグに適切に梱包する必要があります。自転車の梱包箱はニュージーランドのすべての空港で、NZ$25でご購入いただけます。

タイヤの空気を抜く必要はありませんが、梱包された自転車は以下の場合にのみ受託手荷物としてお持ち込みいただけます。

  • ハンドルを取り外すか内側に折り曲げてある
  • ペダルを取り外すか内側に折り曲げてある
  • マウンテンバイクの支柱の圧縮窒素ガス圧が200kPa(キロパスカル)または29PSI(ポンド/平方インチ)を超えない
  • タイヤを膨らませるためのカートリッジが小さく(50mL未満)、内容物が不燃ガスである

次の点にご留意ください。

  • 外れやすいアクセサリーは袋にまとめてから梱包してください
  • 自転車用バッグやケースを密閉し、お名前とご連絡先を明記した札を付けてください
  • 自転車用バッグやケースから、いかなる部分もはみ出していないことをご確認ください

楽器

1辺の長さが1m以下の持ち運び可能な楽器は、標準手荷物と同様の扱いとします。1mを超える場合、重量超過手荷物/大型手荷物の料金と制限が適用されます。