機内持ち込み禁止・制限品

お客様の安全を確保するために、機内への持ち込みが禁止されているものと、特定の条件を満たす場合に限り持ち込み可能なものがあります。

持ち込み品に対する各空港のセキュリティ上の制約は国によって異なりますので、制限品目に関する現地の基準を確認する必要があります。米国の空港から搭乗する場合は、TSAのウェブサイト(英語)をご覧ください。

機内持ち込み禁止品の早見表

  • ナイフ、カッター、レターオープナー、ハサミ、工具、ダーツなどの鋭利な物体や切断道具類
  • 野球のバット、ビリヤードのキュー、ゴルフのクラブ、ラクロスのスティック、スキーのストック、ナックルダスター、ハンマー、ブーメラン、ディジュリドゥーなどのスポーツ用具やこん棒、その他
  • 1箱を超えるマッチまたはライター(下記の追加情報を参照)
  • レプリカを含む銃火器または兵器
  • ほぼ全ての可燃物、爆発物、腐食性物質、または有毒物質
  • 16ozまたは453g以上のプリンターまたはトナーカートリッジ(米国、バンクーバー、ロンドン発着便)
  • 液体酸素システム(下記の「承認が必要なもの」の下に記載された気体酸素シリンダーを参照)
  • 唐辛子スプレーなどの、刺激物質または活動不能化物質を含む無力化装置
  • 爆発物、圧縮ガス、リチウム電池などの危険物を含む電気ショック兵器
  • 薬用または洗面用具ではないエアゾール
  • セキュリティシステムを搭載するアタッシュケース、金庫、現金輸送用バッグなどのうち、リチウム電池などの発火や燃焼を伴う危険物を内蔵しているもの
  • ホバーボード、ミニセグウェイ、ソロホイール、エアホイール、バランスホイール、リチウムバッテリー駆動のスケートボード、オンボードストレージを備えた個人輸送機器、リチウムバッテリー駆動の小型レクリエーション車
  • 定格量160Whまたはリチウム含有量が8gを超えるリチウム電池を取り付けたもの、または予備として搭載しているもの。リチウム電池をお持ちの場合をご覧ください
  • バッテリーを搭載する電動式車椅子またはその他の電動式移動補助機器は、ご予約の際にお知らせいただければ、受託手荷物としてお持ち込みいただけます。使用するバッテリーの種類については、車椅子をご使用のお客様をご覧ください
  • 空気質モニタリング装置を調整するための透過装置。ただし、厳しい条件下で受託手荷物として許可されているもの。詳しくはお問い合わせを参照してください
  • サムスン電子社製ギャラクシーノート7については、お手回り品、機内持ち込み手荷物、受託手荷物に関わらず、機内への持ち込みを禁止いたします

各空港のセキュリティ上の制約により、上記および下記の数量や条件がさらに制限される場合もあります。

米国当発着便または経由の場合は、TSAのウェブサイト(英語)をご覧ください。

英国当発着便または経由の場合は、英国当局のウェブサイト(英語)をご覧ください。

オーストラリア当発着便または経由の場合は、OTSのウェブサイト(英語)をご覧ください。

カナダ当発着便または経由の場合は、CASTAのウェブサイト(英語)をご覧ください。

機内持ち込み禁止品のICAO制限に関するガイダンスは、ICAOのウェブサイト(英語)で参照できます。

ニュージーランド発着便の機内持ち込み禁止品について詳しくは、AVSECのウェブサイトをご覧ください。

国際線をご利用の場合、以下の制限事項に従った場合に限り液体、エアゾール、ペースト、ジェル類(下記参照)の機内持ち込みが許可されます。

  • 全ての液体、エアゾール、ペースト、ジェル類は、それぞれ100mL以下の容器に入れてください
  • 上記のものは全て、容量1リットル(約20cm x 20cm、8インチ x 8インチ)以内の、ジッパー付きの透明なプラスチック袋に入れてください
  • 持ち込み可能なプラスチック袋は、1名様につき1枚のみです
  • 手荷物検査場では、プラスチック袋は封をした状態で、その他の機内持ち込み手荷物とは別にご提示ください

液体、エアゾール、ペースト、ジェル形態の薬や赤ちゃん用品、サプリメントには例外措置があります(下記セクション参照)。

100mLを超える容器は、受託手荷物の中に入れてください。お預かりできない手荷物・危険品をご覧ください。

これらは各国の通関規則ではなく、機内持ち込み品に関する航空会社の安全規定です。国際線をご利用のお客様は、荷造りの前に目的地の税関法をご確認ください。

 航空会社で許可されているもの(目的地の税関法をご確認ください)

  • 小売販売されている容器に入った、アルコール度70%、1人あたり5リットルまでのアルコール飲料。ただし、100mLを超える場合は、国際線の最後のフライトの手荷物検査の後に購入(免税)してください。ボトルやキャリーバッグは密閉したままにし、領収書を保管しておいてください
  • 水、ジュース、ミルク、スープ、ジャムなどの液体食品。国際線の場合は、上記のLAGのセクションをご覧ください
  • 赤ちゃんご同伴の場合は、十分な量のベビーフード(ミルク、殺菌済みの水、離乳食)を、100mLの制限を超えてお持ち込みいただけます。また、手荷物検査用に透明な袋に入れなくても構いません。赤ちゃん用のミルクや、水、離乳食は、必要に応じてお客様ご自身で無害であることを確認していただく場合があります。航空機定時運航のために、これらのご確認は搭乗手続き前にお済ませください
  • 税関審査後に購入したサンドイッチ、ビスケット、ナッツ、フルーツなどのドライフード

薬の内容や製造元の名前などが正式に印刷されたラベルが添付されている必要があります。糖尿病のための備品、器具類(シリンジを含む)を持ち込むことは可能ですが、機内持ち込み制限品が含まれていないか検査します。一部の国では医師による薬の必要性について書かれた証明書が必要な場合がありますので、持参ください。

持ち込みが禁止されているもの

  • 液体酸素システム(下記の「承認が必要なもの」の下に記載された気体酸素シリンダーを参照)

お持ち込みいただけるもの

  • 小売包装されているか、端子が絶縁されている医療機器用の予備/脱着可能な電池。リチウム電池については、リチウム電池をお持ちの場合をご覧ください
  • 乾燥薬
  • 旅行に十分な量の液状医薬品(100mLを超える場合は、処方箋または医師のメモを添付)
  • 医療用または臨床用の水銀温度計、個人使用目的で保護ケースに入れたもの1つ
  • ラジオアイソトープ型心臓ペースメーカーなどの機器(リチウム電池を用いたもの、お客様の体内に埋め込まれたもの、またはお客様の身体に装着されるものを含みます)
  • 医療行為の結果、お客様の体内にある放射性医薬品。ただし、手荷物検査の要件について各空港でご確認いただくことをお勧めします

承認が必要なもの

以下のものについては、予約時にお問い合わせください

  • バッテリ取り付け済みのリチウム電池駆動型の携帯用医療機器
  • 医療機器用の予備/脱着可能のリチウム電池
  • 医療用途で必要な気体(液体でない)酸素または空気シリンダー

持ち込みが禁止されているもの

  • 鋭利な角または先端を備えた物体(刃の長さが6cm未満で刃先の丸いはさみを除く)
  • 唐辛子スプレーなどの、刺激物質または活動不能化物質を含む無力化装置
  • 爆発物、圧縮ガス、リチウム電池などの危険物を含む電気ショック兵器
  • 薬用または洗面用具ではないエアゾール
  • セキュリティシステムを搭載するアタッシュケース、金庫、現金輸送用バッグのうち、リチウム電池および/または発火や燃焼を伴う危険物を内蔵しているもの

お持ち込みいただけるもの

  • 使い捨てカミソリ(脱着可能な刃なし)
  • 炭化水素ガスを充填したヘアカーラー(安全カバーが発熱体の上にしっかりと取り付けられているもの。1人につき1つまで)は、機内ではご使用いただけません。また、ガスを充填することもできません
  • エアゾールが誤って放出されないようにキャップで防止されている場合に限り、エアゾールやアルコールを含む洗面用具(上記のLAGのセクションと以下に記載の量を参照)

量 - 医薬品、トイレタリー用品、エアゾール

  • 空港の手荷物検査後にこれらの品目を購入する場合、医薬品、トイレタリー製品、およびエアゾールの合計正味合計量は、乗客1人あたり2kg(4.4lb)または2L(2qt)以下、各単品の正味量は0.5kg(1lb)または0.5L(1pt)以下でなければなりません

リチウム電池またはリチウム電池を格納した機器については、リチウム電池をお持ちの場合をご覧ください。

持ち込みが禁止されているもの

  • ホバーボード、ミニセグウェイ、ソロホイール、エアホイール、バランスホイール、リチウムバッテリー駆動のスケートボード、オンボードストレージを備えた個人輸送機器、リチウムバッテリー駆動の小型レクリエーション車

お持ち込みいただけるもの

  • 予備/脱着可能な電池(ただし、市販の包装に入った状態または端子を絶縁したもの、金属から離し、破損や穴開き、圧力から保護されている場合に限ります)。リチウム電池の制限については、リチウム電池をお持ちの場合をご覧ください
  • 携帯用電子機器(防漏型バッテリー搭載、予備バッテリー2本以下)。各バッテリーは、12ボルトおよび100ワット時(Wh)の定格電力以下で、誤って機器の電源が入らないようにしてあるものに限ります
  • エネルギー効率の良いランプまたは市販の包装に入った電球(個人用または家庭用)
  • 携帯用電子機器(カメラ、携帯電話、ノートパソコン、カムコーダーなど)に電力を供給する燃料電池(および許可された型の予備燃料カートリッジ2個以下)お持ち込みいただける燃料カートリッジおよび安全要件については、燃料電池をお持ちの場合をご覧ください
  • 電子タバコ、電子葉巻、電子パイプなどのパーソナルヴェポライザーは、機内ではご使用および充電できません。誤って作動しないように保護してください。取り付けまたは予備の電池は、160Whまたはリチウム含有量2g以下のものにする必要があります

持ち込みが禁止されているもの

  • ホバーボード、ミニセグウェイ、ソロホイール、エアホイール、バランスホイール、リチウムバッテリー駆動のスケートボード、オンボードストレージを備えた個人輸送機器、リチウムバッテリー駆動の小型レクリエーション車
  • 定格量160Whまたはリチウム含有量が8gを超えるリチウム電池を取り付けたもの、または予備として搭載しているもの。リチウム電池をお持ちの場合をご覧ください
  • 内燃機関または燃料電池エンジン(燃料および液体が排出されている場合も含む)
  • 可燃性の液体燃料を含む燃料容器を備えたキャンプストーブ
  • スキーポール、ジャベリン、ハイキングポール、ハープーン、スピアガンなどの鋭利な物体
  • 銃火器、弓、クロスボウなどの武器
  • スポーツバット、ラケット、スティックなどの鈍器

お持ち込みいただけるもの

  • 予備/脱着可能な電池(ただし、市販の包装に入った状態または端子を絶縁したもの、金属から離し、破損や穴開き、圧力から保護されている場合に限ります)。リチウム電池の制限については、リチウム電池をお持ちの場合をご覧ください
  • 水中トーチランプやはんだゴテなど、バッテリー駆動で熱を発する器具(発熱部品、バッテリー、またはヒューズなどの部品を除去することで発熱部品とバッテリーが互いに絶縁されている場合に限ります)。リチウム電池については、リチウム電池をお持ちの場合をご覧ください

承認が必要なもの

以下のものについては、予約時にお問い合わせください

  • 100Wh~160Whまたはリチウム含有量2g~8gのリチウム電池を搭載した機器。リチウム電池をお持ちの場合をご覧ください
  • 圧縮ガスカートリッジを含む雪崩救助用バックパック
  • 救命胴衣または救命ベストなどの自動膨張式安全装置に装着されたガスカートリッジ

持ち込みが禁止されているもの

  • バッテリーを搭載する電動式車椅子またはその他の電動式移動補助機器は、ご予約の際にお知らせいただければ、受託手荷物としてお持ち込みいただけます。使用するバッテリーの種類については、車椅子をご使用のお客様をご覧ください

お持ち込みいただけるもの

  • 機械義肢の操作用に装着する非引火性、非毒性のガスシリンダー(旅行中にガスを補充するための同様のサイズの予備シリンダーを含む)

リチウム電池またはリチウム電池を格納した工具については、リチウム電池をお持ちの場合をご覧ください。

持ち込みが禁止されているもの

  • スクリュードライバー、チゼル、スクレーパーブレードなどの鋭利な工具や刃。ただし、受託手荷物では許可されています
  • バーやハンマーなどの鈍器。ただし、受託手荷物では許可されています
  • 内燃機関または燃料電池エンジン(燃料および液体が排出されている場合も含む)
  • 空気質モニタリング装置を調整するための透過装置。ただし、厳しい条件下で受託手荷物として許可されているもの。詳しくはお問い合わせを参照してください

お持ち込みいただけるもの

  • 刃の長さが6cm未満で刃先が丸いはさみ
  • ピンセット、編み針、かぎ針編みフック
  • 傘および杖
  • 予備/脱着可能な工具用電池(ただし、市販の包装に入った状態または端子を絶縁したもの、金属から離し、破損や穴開き、圧力から保護されている場合に限ります)。リチウム電池の制限については、リチウム電池をお持ちの場合をご覧ください
  • 水中トーチランプ(ダイビングランプ)、はんだゴテなど、バッテリー駆動で熱を発する器具(発熱部品とバッテリーが互いに絶縁されている場合に限ります)

承認が必要なもの

以下のものについては、予約時にお問い合わせください

  • 水銀式の温度計または気圧計

持ち込みが禁止されているもの

下記のものを含め、可燃物、爆発物、腐食性物質、または有毒物質は、ほぼ全てお持ち込みいただけません。

  • マッチ
  • ライター用燃料およびライター用詰め替えガス。お持ち込みいただけるものについて詳しくは、下記をご覧ください
  • 花火
  • 塗料、ニス、溶剤、ガソリンなど、可燃性の液体
  • 漂白剤、過酸化物、酸
  • リン
  • 肥料、除草剤、殺虫剤

お持ち込みいただけるもの

  • 安全マッチの小型パック1個、または液化ガス以外の吸収されない液体燃料を含有しない小型のタバコ用ライター1個は、お手回り品に限り持ち込み可(機内持ち込み手荷物および受託手荷物は不可)
  • ほ乳類、鳥類、両生類、爬虫類、魚類、昆虫、およびその他の無脊椎動物などの、感染性のない標本で、少量(自由液体アルコールまたはアルコール溶液30ml以下)の引火性液体とともに梱包されているもの。標本は小瓶またはヒートシール処理されたビニール袋に入れるものとします。袋に入れた標本は吸収性物質と一緒に別のビニール袋の中に入れ、その後ヒートシール処理を施すものとします。引火性液体の総量は1L以下とします
  • 多孔性物質に完全に吸着され、低温で非危険物として輸送される、冷凍液体窒素を含む断熱容器(ドライシッパー)は、容器内の圧力上昇を抑え冷凍液体窒素を放出しない設計の場合、これらの危険物に関する諸規制の対象とはなりません

承認が必要なもの

以下のものについては、予約時にお問い合わせください

  • ドライアイス(固体二酸化炭素)
  • 化学物質モニター装置

持ち込みが禁止されているもの

  • レプリカを含む銃火器および弾薬は、機内持ち込み手荷物としても、お手回り品としても、持ち込むことはできません。これらのものをお持ちの場合は、受託手荷物をご覧ください

持ち込みが禁止されているもの

  • セキュリティシステムを搭載するアタッシュケース、金庫、現金輸送用バッグなどのうち、ガスカートリッジ、リチウム電池、または発火や燃焼を利用して駆動するもの。ただし、受託手荷物で許可される場合もあります。予約時にお問い合わせください