南島最大の街、クライストチャーチ(Christchurch)へ

南島最大の都市、クライストチャーチ。大都市ながら、緑あふれる「ガーデンシティ」としても名高いクライストチャーチで、観光、グルメ、自然をまるごと楽しみましょう。

木々の緑に癒されるガーデンシティ、クライストチャーチ

ニュージーランドを旅するなら、ぜひ訪れてほしいのが南島最大の街、クライストチャーチです。南島の文化、経済の中心地であるこの街には、国内各地からの空の便や鉄道、長距離バスが運行されており、名実ともに南島のゲートウェイとなっています。南島の旅はクライストチャーチから始まると言っても過言ではありません。

クライストチャーチは、四季の風景を感じられる、緑豊かな街でもあります。街のあちこちに公園や庭園があり、いつも木々の緑や川のせせらぎを感じられることから、「ガーデンシティ」とも呼ばれています。

数ある公園のなかでも、市内中心部に位置するハグレー公園はその代表的なもので、総面積165ヘクタールの広大な敷地を誇ります。見上げるばかりの大木が芝生の広場を囲むのどかな風景の中、散歩する人やジョギングする人、子供連れ、犬連れの家族などが行きかう様子に心も和みます。公園内にラグビーのグラウンドがあり、学生や子供たちが練習に励んでいるのも、ニュージーランドらしい風景といえるでしょう。また、ハグレー公園にはクライストチャーチ植物園が隣接しており、ガイドとともに園内を巡るツアーも行われています。

さらに、街はずれにある「モナベイル」もクライストチャーチを代表する観光スポットです。こちらはエイボン川のほとりにたたずむ個人の庭園が一般開放されているもので、四季の花が咲き乱れる様子は一見の価値があります。

街めぐりを楽しくする、いろいろな乗り物

クライストチャーチはイギリスの開拓者によって開かれた街。そのため、今も英国文化が生活の中に根付いています。例えば、街中を流れるエイボン川で行われている「パンティング」も、そのひとつ。カンカン帽にストライプのジャケット着用というクラシックないでたちの男性が、ボートを漕ぎながら街の案内をしてくれる舟遊びですが、両岸の木々の緑陰を映す川面を眺めながらゆったりと過ごす時間は、なんともいえず優雅なもの。すぐそばに水鳥たちが浮かんでいたり、岸を歩く人が見えたりと、いつもと違う視点でクライストチャーチの観光が楽しめます。ぜひ体験してみてください。

また市内を走るクラシックなトラムも、クライストチャーチを代表する乗り物です。2011年の地震の影響でしばらく運休していましたが、2013年の秋に運航再開し、市内中心部のメインストリートを走るようになりました。地元の人の愛着の深さを表すように、ぴかぴかに磨かれた車体がゴトゴト走る様子はどこかかわいらしく、思わず乗りたくなってしまいます。

さらに、クライストチャーチ郊外にあるマウント・キャベンディッシュでは、ゴンドラが運行されており、リトルトンの港やクライストチャーチの市街地、サザンアルプスなどの絶景が楽しめます。パンティング、トラム、ゴンドラ、またクライストチャーチ植物園でのツアーをセットにした、お得なコンボ・チケットも販売されていますので、全部まとめて楽しんでみてはいかがでしょう?

クライストチャーチ郊外では熱気球による空中散歩も楽しめます。風が穏やかな時間帯を狙うため、ツアーは早朝の出発になりますが、朝焼けに照らされるカンタベリー平野とサザンアルプスを一望できる素晴らしい体験が待っています。クライストチャーチの空の旅は、忘れられない旅の思い出になることでしょう。

グルメな街・クライストチャーチ

あらゆるジャンルのレストランが揃うクライストチャーチは、3度の食事が楽しみな街でもあります。ラムやベニソン(鹿肉)、サーモンをはじめとするニュージーランドらしい料理はもちろんのこと、フレンチ、イタリアン、スパニッシュ、和食、中国料理、韓国、タイ、インド、トルコなど様々なジャンルのレストランが揃っています。市内にブリュワリーを持つ、「カッスル&サンズ」のクラフトビールも人気ですし、クライストチャーチ郊外のワイパラは、ワインの産地でもあります。またスイーツ好きをうならせるチョコレートショップやベーカリー、カフェなども充実していますので、楽しみはつきません。

市内中心部にある、貨物用コンテナを利用したショッピングモール「リ・スタート」には、アパレルや雑貨、お土産、古本などの個性的なショップに混じって、おしゃれなカフェ、ケバブやサンドイッチなど軽食を提供する屋台も出ていますので、こちらに出かけてみるのもおすすめです。また市内を走るトラムの中で、ディナーを楽しむプランもあります。要予約ですが、クライストチャーチらしい食事が楽しめます。

人気テーマパークで遊ぶ

クライストチャーチは博物館や美術館などの文化施設に加えて、テーマパークや動物園、カジノ、ファーマーズマーケットなど、たくさんの見どころがあります。

特にクライストチャーチ国際空港のそばにある国際南極センターは大人気。例えば、3Dの映像にシートの振動や水しぶきまで加わった4Dシアターや、マイナス20度を体験できるコーナーなど、ここならではの体験が楽しめます。クライストチャーチ国際空港の近くには、オラナ・ワイルドライフ・パークもあり、ライオンやチーター、キリンなどの動物のほか、ニュージーランドの国鳥、キーウィなどが見学できます。

「動物も見たいし、マオリ文化にも興味がある!」という方には、ウィロウバンク動物公園へどうぞ。動物の餌付け体験やマオリのパフォーマンスが行われています。また、広大な敷地に19世紀から20世紀の街並みを再現した、フェリーミード歴史公園は、ノスタルジックな雰囲気とともにクライストチャーチの歴史が感じられるスポットとして人気があります。

クライストチャーチからの小旅行

クライストチャーチの周りには、魅力的な観光地がたくさんあります。例えば東海岸に沿って北上すれば、ホエールウォッチングで有名な港町、カイコウラがあります。カイコウラ近海では一年を通じてマッコウクジラが観測できるだけでなく、イルカの群れやオットセイ、アルバトロスに代表される様々な海鳥なども観測できます。またカイコウラは、クレイフィッシュ(伊勢海老の一種)の産地としても有名です新鮮なクレイフィッシュのプリプリとした食感をぜひ味わってみてください。

カイコウラとクライストチャーチの間に位置するハンマースプリングスは、サザンアルプスの麓に位置する総合リゾート地で、バンジージャンプなどのアクティビティやサーマル・リザーブで天然の温泉やスパなどを楽しむことが出来ます。

クライストチャーチの街のそばにのびるバンクス半島の反対側にはフランスの文化が息づく海辺の町、アカロアがあります。19世紀の教会や建物が点在するクラシックな街には、シーフードが自慢のレストランや、おしゃれなアートギャラリーや雑貨ショップなどが点在し、散歩をするだけで楽しめる街です。また、半島の近海で世界最小のイルカ、ヘクターズドルフィンを観察するクルーズなども人気です。

クライストチャーチの南東には、ミルキーブルーの氷河湖と星空の美しさで有名なレイク・テカポがあります。クライストチャーチを基点にして、各地への小旅行に出かけてみてください。

 

クライストチャーチの情報サイト

ニュージーランド政府観光局 クライストチャーチ
http://www.newzealand.com/jp/christchurch-canterbury/

クライストチャーチ・カンタベリー観光局(英語)
http://www.christchurchnz.com/asia/