魅力満載 夏のニュージーランド

ニュージーランドの夏は12~2月頃。湿気が少なく爽やかな気候の中、観光やトレッキング、エコツアーなどを楽しみませんか?イベントやお祭りも目白押しのこの季節は、国じゅうが遊びのエネルギーで溢れます。

12月に入ると日差しが強くなり、街も野山もあでやかな花が咲き誇ります。特に北島の海辺で見られるポフツカワの赤い花や、南島のレイク・テカポ周辺のルピナスの花畑などは、夏の到来を知らせる花として有名です。色鮮やかな風景が、旅の感動を倍増させてくれることでしょう。また、日没が遅いのもこの季節の魅力。夕方からセーリングに出かけたり、眺望のいいレストランでゆったりディナーを楽しんだりと、リラックスした時間が過ごせます。

ニュージーランドへの航空券を検索

夏はトレッキングのベストシーズン

ニュージーランドは全国各地にさまざまなトレッキングコースがあり、山々や氷河の谷、海岸線、河原、草原、原生林などの壮大な風景が楽しめます。特に人気が高いのが、南島の世界遺産エリア、フィヨルドランド国立公園にある「ミルフォード・トラック」や「ルートバーン・トラック」、アオラキ・マウントクック国立公園の「フッカーバレー・コース」など。トレッキング・シーズンは10月下旬から4月下旬ですが、特に天候が安定し、高山植物がたくさん咲く12~2月はおすすめです。

夏はトレッキングのベストシーズン

ホエールウォッチングやペンギンウォッチングなどのエコツアーは、ニュージーランドでぜひ体験したいことのひとつ。夏はこれらのエコツアーが最も充実する季節です。海水温が高くなるので、イルカやアシカと一緒に泳ぐツアーも快適に楽しめますし、夏の間はカツオドリの繁殖地を訪ねるツアーも行われています。またダニーデンのロイヤル・アルバトロス・センターでは1月中旬以降、アホウドリの雛鳥を見られる確率が高くなりますのでお楽しみに。美しい風景の中で暮らす動物たちの姿は、自然の豊かさだけでなく、人と動物、野鳥が共存するニュージーランドの懐の深さも教えてくれます。

夏はイベントも盛りだくさん!

ニュージーランドでは、クリスマスも年末年始も夏の風物詩です。キラキラとまぶしい陽射しの中、オークランドのメインストリート、クイーンストリートには装飾が見られ、スカイタワーは緑と赤でライトアップされるなど、日に日にクリスマスムードが高まっていきます。11月下旬から1月にかけては、国内各地でクリスマスと新年を祝う祭りやフードフェスティバル、音楽イベントなどが多数開催されます。なかでも、オークランドとクライストチャーチで開催される野外ロックフェスティバル「コカコーラ・クリスマス・イン・ザ・パーク」は10万人以上が集まる注目のイベントです。2月に入ると全国各地でゴルフのトーナメントやトライアスロン、自転車競技などのイベントも開催され、こちらも多くの観客を集めます。

夏のニュージーランド旅行を満喫するためのヒント

旅の準備
ニュージーランド国内の旅行シーズンにあたりますので、観光施設、ショップ、レストラン、ツアー、アクティビティなど全てが営業しています。遊びの選択肢は満載ですが、宿泊施設や交通機関の予約はお早めに。特にクリスマス前後は混み合います。地方での大型イベント開催時は、その街と近隣の宿泊施設が満室になることも多いので要注意です。

イベント
オークランドで2月初旬から3週間開催される「オークランド・プライド・フェスティバル」は、ゲイ&レズビアンなどセクシュアル・マイノリティの人々のお祭り。市内各地でパレードやコンサート、パーティなどが開催されます。

服装
日中は日差しが強いのでサングラス、帽子、日焼け止めクリームがあると安心です。南島南部では、朝晩は涼しくなりますので、長袖の用意もお忘れなく。

ニュージーランドへの航空券を検索