ニュージーランドでスキー&スノーボード

ニュージーランドは6月~10月がスキーシーズン。日本と季節が逆なので、日本でシーズンが終わる時期からニュージーランドでスキーを楽しむことができます。
ニュージーランドへの航空券を検索

日本の夏に、南半球のパウダースノーを満喫しよう

ニュージーランドのスキーシーズンは6月から10月まで。北半球とは季節が逆になる上、雪質も良く、スキー場の設備やレンタルも充実しているため、この時期は世界各国のスキーヤー、スノーボーダーがこぞってニュージーランドを訪れます。

アマチュアの愛好家はもちろん、各国のスキー、スノーボードのナショナルチームも夏季のトレーニングのためにニュージーランドを訪れることからも、この国のスキー場と雪質のレベルの高さがお分かりいただけるのではないでしょうか。

ニュージーランドでは、バックカントリースキーも盛んで、ガイドツアーもたくさん行われています。誰も踏み入れていないオフピステエリアで、ふかふかの雪とワイルドな爽快感をぜひ味わってみてください。

日本では経験できないヘリスキー&スノボを気軽に体験

ニュージーランドのスキー場は、南島のクライストチャーチより南に点在しています。クイーンズタウン、ワナカ、メスベンなどのメジャーなスキーエリアでは、初心者から上級者まで、気軽にヘリスキーを楽しめます。ヘリコプターでアルプスの森林限界を超えた場所にひとっとび。文字通り、誰も滑っていないオフピステの雪と、目の前に広がる雪山の絶景を満喫できます。加速とともに飛沫のように巻き上がるパウダースノー。日本では経験できない滑りを体験してみてください。

また、アオラキ・マウントクック国立公園では、スノープレイン(スキーを履いた小型飛行機)で、国内最大の氷河、タスマン氷河の上部にあがり、氷河の上でのスキーを楽しむ「スキー・ザ・タスマン」も行われています。標高2500mの地点から、約8~10キロの距離を滑走するダイナミックなスキー&スノーボードは、日本はもちろん、他の国でもなかなか体験できません。ぜひ、ニュージーランドならではの豪快なスキー&スノーボードをお楽しみください。

街から約30分のドライブで、パウダースノーの聖地へ

サザンレイク地方で一番人気のゲレンデがコロネット・ピーク・スキー場です。クイーンズタウンからシャトルバスが運行しており、所要約20分というアクセスの良さも魅力。中級者、上級者向けのゲレンデが充実しており、また初心者向けの緩斜面もあるので、あらゆるレベルのスキーヤー、スノーボーダーが楽しめます。また、ナイター照明を備えているため、金曜、土曜の夜はナイタースキー&スノボも楽しめます。

また、クイーンズタウンから約35分でアクセスできるリマーカブルス・スキー場も人気です。こちらもシャトルバスが運行されているのでアクセスは楽々。北側の日当たりの良い斜面で、パウダースノーを堪能できます。初心者でも安心の緩斜面と、上級者なら思わず挑戦したくなる、エクストリームな急斜面に分かれています。

スノーボーダー、フリースタイルスキーに人気

ワナカから約34キロの場所にある、カードローナ・スキー場は、マウント・カードローナの東斜面を利用したスキー場です。中級者向け、上級者向けのオフピステのパウダースノーを堪能できるコースは変化に富んでおり、ゲレンデが非常に広いので、開放感もたっぷり。また、22フィートの長さを誇るワールドカップクラスのハーフパイプを備えた「カードローナ・パークス」をめざして、多くのスノーボーダーやフリースタイルスキーヤーも訪れます。

トレブル・コーン・スキー場は、ワナカから約29キロの場所にあるスキー場です。南島最大規模の広さを誇るスキー場で、滑走しながらワナカ湖やサザンアルプスの素晴らしい眺めが楽しめる風光明媚なゲレンデが人気です。こちらも中級者、上級者向けのコースが中心で、ハーフパイプも備えています。どちらのスキー場もワナカから約35分で到着できます。

ニュージーランドへの航空券を検索